, 創発, 好循環,

傍観者の重要な役割

Aさんは、自分を「傍観者」と表現した。

しかしここ2〜3ヶ月は、セミナー講師をするなど前に出る仕事が多かったという。どうやら、自分の特性とやっていることが合っていないことを無意識のうちに身体が感じ取っていたのだろう。先週はついに4〜5日間、熱で仕事を休んでしまっていたそうだ。

その人が、今夜は違った。

「Aさんが元に戻って良かった!」

地図に乗っていない住宅街の韓国料理の名店。元気のなかったAさんが、急に元気になった姿をみんな大いに喜んでいる。

午前中、自分を見つめるのに苦しそうにしていた「傍観者」は、午後から急に本領を発揮しだした。

傍観者は、実は最も全体を把握するのが得意な人だった。「居る」だけで、他の人の力を引き出すことができる人だった。

そんなことを、どうやら自分自身で発見したようだった。

午後にみんなが話し始めると、傍観者は自ら黙ってホワイトボードに向かった。みんなの話をいつの間にかホワイトボードにまとめだした。ディスカッションが綺麗に図解されている。そしてポイントを突いたコメントや質問を発する。

「傍観者」が本領を発揮した。みんなの会話が活発になる。

傍観者は「何もしていないサボっている人!」と思われて企業では切られることも少なくない。しかし傍観者を切ると、必ず集団の中で次の傍観者役が出てくる。それをまた切り続けると、集団の機能は停止する。企業には人がいなくなる。

傍観者には、傍観者の重要な「見守る」という役割がある。

そんな体験を共有した集団は、山形のイケてる企業を輩出するお手伝いをしようとしている。しかし、私にはその集団自身が最もイケてる企業になってしまいそうな予感がしてならない。


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

2/26 小倉1dayカフェMG(参加はお問い合わせ下さい
3/2-3 こきょう松本MG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
3/7 【熊本開催】マンガとゲームでわかる! ザ・ゴール & 7つの習慣
3/9-10 こきょう大阪MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
3/22-23 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]


標準
たくらみ, ,

労働と仕事の違い

職業紹介責任者講習。港湾労働者の紹介が禁じられているのは、強制労働の温床になった歴史があるからということだ。

「労働と仕事の違い」について、改めてたくさん考える一日だった。

Labor = 労働と訳される
奴隷に語源を発する、やらされる業務

Work = 仕事と訳される
創造的で自律的、自発的な仕事

いろんな歴史から労働者を保護するために現在の法律ができた。当時の人たちは労働者に対して良かれと思って法律を作った。

そして今、働き方は多様化した。その頃の法律の中では少し動きづらいところがある。

周囲には1日1時間しか働かない人がいる。労働の視点から見るととんでもない。「働かざる者食うべからず!」でもちゃんと収入を得ているし、人生を謳歌している。

また、早朝から深夜まですっごく働く人もいる。「いや〜、ブラック企業っすよ!😃」って満面の笑みで冗談を飛ばす。これも労働時間の数字として見たらとんでもない。しかし彼は間違いなく人生を謳歌している。

確かに法律が合ってない場面がある。そもそも、Laborを念頭に作られた法律だから、Workの概念がなくて当然だ。

私達たくらみ屋は、創造的で自律的なWork(仕事)を増やして、Laborを結果として少なくしようと思っている。

食べるために時間を切り売りするってあきらめないで欲しいと思っている。

ではどうするか?

どうしたらLaborだけでなく、創造的で、自分から働きたいと思えるWorkもあるよって伝えることができるか?そのためにできることは何か?

「戦わない」たくらみ屋は、永年の知恵である法律とは直接戦わない。

周辺を面白くすることから始めよう。

学生さんや子供たち。次世代にそんな働き方があることを伝えよう。必ず伝わるはず。楽しい人ばかりだから。必ずWorkする次世代が増えるはずという手応えは感じて来ている。

すると、労働者である前に「お父さん、お母さん」であるはずの大人たちの働き方の考えも変わらざるを得ない。

そんな流れに洗われて、最後に制度が変わって来る。

大きなたくらみは、外堀から埋めるのがオモシロイ😃


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

2/26 小倉1dayカフェMG(参加はお問い合わせ下さい
3/2-3 こきょう松本MG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
3/7 【熊本開催】マンガとゲームでわかる! ザ・ゴール & 7つの習慣
3/9-10 こきょう大阪MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
3/22-23 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]


標準
,

頑固さも使いよう?

「みんなより先に生まれたから先生だ

ってマンガを何故か子どもころから鮮明に覚えているのだが、やっぱり今も「もしかしたら先に生まれだけかも知れんなあ」っていう体験をしている。

今日は大阪大学、同志社大学、大阪市立大学、関西大学の学生さんたちと研修をご一緒している。今日の若い人たちより自分ができることって何だろうか?

発想力は絶対的に若い人の方が豊か。スキルはすぐに追い越されるだろう。

だとしたら経験か?

そう思うと、経験からくる「ブレないこと」っていうのは、長く生きている者のアドバンテージかも知れんな。

悪く言うと頑固さって言えるかも知れんな。モノは使いよう。ええように使えればいいかもね。


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

2/26 小倉1dayカフェMG(参加はお問い合わせ下さい
3/2-3 こきょう松本MG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
3/7 【熊本開催】マンガとゲームでわかる! ザ・ゴール & 7つの習慣
3/9-10 こきょう大阪MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
3/22-23 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]


標準