まちづくり勉強中

地域デザイン

近い未来の仕事は「まちづくり」のようだ。

ネットで売りたい、社内を改善したい、チームを育てたい。最初のお話はだいたいそこから入るのだが、最終的には

・あなたのいいところは何?
・それを育てた地域のいいところは何?
・その地域は、今どうなってるの?

というところに行き着いてくる。

地方に行くとたまに「何故こんなに周囲に不釣り合いに繁盛してる店があるの?」と聞くことがある。これまではたいてい「あそこはネットで頑張っている」という答えだった。

しかし「不釣り合いの繁盛」で終わると、それは一過性のものになる。

そこに人が集まれば、そこから周囲に広がれば、その地域が元気になってくる。そうするとまた個店にも良い影響が返ってくる。好循環の結果、地域が賑やかになってくる。

そこまでイメージできた販売や改善はやっぱりうまく流れてくる。当事者一人ひとりにもやりがいがあるからだ。仕事を頑張ることが自分にも返ってくることになるからだ。

ネットからリアル進出が増えている。私の仕事もネットのコミュニティづくりから、リアルのまちづくりに近くなってくるということか

コミュニティデザイン

。。。そう書いていたら、いろんな話が舞い込んできた。友人と語る。

「まちづくりが近い未来の仕事になるって書いたらいろんな人が集まって来てくれてね。函館では道庁の人が合流してくれて、レンタカーまで借りて行きたいところ全部案内してくれてさ。」

ラッキーピエロ

「奈良の人は今まちづくりに関わっているから今度市長と引き合わせてくれるとかさ。来週は鳥取の空気中の菌だけでパンを作る店に行くけど、近くの友人が戦後初の麻栽培している人を紹介してくれて喋ってくれることになってさ。その友人に、将来のあなたの仕事は観光ガイドになるかも知れんねーって調べてたら、鳥取で同じようなイベントをやった人が見つかってさ。それがこの前見せたコミュニティデザインって本を書いた人でさ。会いたいなーと思ってたら今週自宅の最寄駅でイベントやるんだって。」

「ご縁だね〜^_^」

ってことで、現在まちづくりを勉強中。


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

【全4回】 魂のプライシング実践講座 第1期
7/18-19 第1回富士山MG 就活学生応援の無料参加枠3名あり
7/22-23 第2回水都大阪MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
7/29-30東京 TOC実務者コース
8/1-3大阪 指示ゼロ経営合宿
8/5-6 第1回宇都宮MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
8/18-19 第3回水都大阪MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
8/22 自発性と創造性が高まる賃金・賞与の決め方セミナー
8/26-27 第3回松本MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
9/14-15 第2回気仙沼MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]


標準