たくらみ, シンプル,

ボトルネックを創造する

創造性の時代と言うなら、ボトルネックも創ってしまおうじゃないか。

ボトルネックって「解消する」「改善する」と思っている場合がほとんど。でもボトルネックの5段階の最初は「ボトルネックを特定する」。これが実際なかなかできない。

じゃあ、ボトルネックは分かりやすく創ってしまおう。その方がわかりやすいやん、っていうのが今年の私の考え方。

例えば「時間がボトルネック」にしてみた。週のうち1日を徹底的に家事をやる日を設定して出張できないようにした。朝も庭掃除を入れてみた。ジョギングを入れてみた。愛犬のお世話の役目も増やした。これを更に増やしていく。

時間がなくなると、時間の使い方を工夫するしかない。

例えばカバンを小さくしてみた。入らないからできるだけいらないものを省く。持てるもので仕事をしようと工夫する。

スペースがなくなると、スペースを工夫するしかない。

もっと時間があったらなあ、とか、もっと広さがあったらなあ、と思っていてなかなか変わらない時、それがあったら本当にうまくいくのか?は、実はわからない。

でもそれらがもっと無くなったら間違いなく変革するしかない。困ったことは一番困ることにしてみる。それがボトルネックを創ること。

今年はボトルネックすらたくらむ。 さ〜て、明日はどんなボトルネックをたくらんでやろうか♪(ルパン風に)


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

4/21-22 第1回帯広MG
5/5-6 TOC実務者コース (社内インストラクターコース)

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準