, 創発, 好循環,

傍観者の重要な役割

Aさんは、自分を「傍観者」と表現した。

しかしここ2〜3ヶ月は、セミナー講師をするなど前に出る仕事が多かったという。どうやら、自分の特性とやっていることが合っていないことを無意識のうちに身体が感じ取っていたのだろう。先週はついに4〜5日間、熱で仕事を休んでしまっていたそうだ。

その人が、今夜は違った。

「Aさんが元に戻って良かった!」

地図に乗っていない住宅街の韓国料理の名店。元気のなかったAさんが、急に元気になった姿をみんな大いに喜んでいる。

午前中、自分を見つめるのに苦しそうにしていた「傍観者」は、午後から急に本領を発揮しだした。

傍観者は、実は最も全体を把握するのが得意な人だった。「居る」だけで、他の人の力を引き出すことができる人だった。

そんなことを、どうやら自分自身で発見したようだった。

午後にみんなが話し始めると、傍観者は自ら黙ってホワイトボードに向かった。みんなの話をいつの間にかホワイトボードにまとめだした。ディスカッションが綺麗に図解されている。そしてポイントを突いたコメントや質問を発する。

「傍観者」が本領を発揮した。みんなの会話が活発になる。

傍観者は「何もしていないサボっている人!」と思われて企業では切られることも少なくない。しかし傍観者を切ると、必ず集団の中で次の傍観者役が出てくる。それをまた切り続けると、集団の機能は停止する。企業には人がいなくなる。

傍観者には、傍観者の重要な「見守る」という役割がある。

そんな体験を共有した集団は、山形のイケてる企業を輩出するお手伝いをしようとしている。しかし、私にはその集団自身が最もイケてる企業になってしまいそうな予感がしてならない。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

12/12-13 大分MG
12/16-17東京 TOC実務者コース
12/28-29 水都大阪忘年MG
1/4 第2回子ども商店プロジェクト! in 小倉
1/5-6 小倉新年家族MG

1/13-14大阪 自律的集団への登竜門 指示ゼロ経営的TOC実務者コース
1/23-24 ヤマガタWeb研究会 特別事業 TOC研修
1/20-21 チーム創りに効く水都大阪MG
2/20水都大阪TOC 1dayセミナー
3/10-11 第5回松本MG
3/24-25 いちのせきMG

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準