まちづくり, シンプル, 好循環, ,

地元泉北でのやりがい

  %e6%b3%89%e5%8c%97toc1
マスオさんが「今日は陽のあるうちに帰ろう」って早く帰って、サザエさんがびっくり仰天してた場面を思い出した。
今日は17時過ぎに帰宅。同時に愛犬と散歩に行ってた妻が帰ってくる。まる1日仕事をしてこんなに早く帰ってきてしまった。かつてない相当な違和感? しかし違和感というには相当気持ちの良い感覚。
初めての地元開催、泉北TOCセミナー。10時〜15時までのセミナーであとは17時までお茶菓子交流会。18名の参加者は、いつもの繋がりもあるけど、ほとんどは超久しぶりとか初めて合う人の方が多くて新鮮な感じ。
今日はTOCを伝えるよりも、「人が繋がり続ける」ことをずっと頭に置いていた。
%e6%b3%89%e5%8c%97toc2
「祭りがあるところは人が集まる、災害があっても復興が早い。しかし泉北はニュータウンなので祭りがない。」
だから人が繋がり続ける場作りが大事。それがまちづくりに取り組んでいる参加者の皆さんと話していたこと。
それこそ地元で開催した理由。何かそのような雰囲気を感じてくれたから、何人もクチコミで参加してくれたのだろう。
昼休みはいつものように弁当を取らずに地元のお店で自由に食べてもらったり買い回ったりしてもらった。魅力発見のため、駅前の良い所も一つづつ書いてもらった。
泉北レモンの街ストーリーの主催者さんが、家のレモンの木を見に来てくれることになった。富田林の方のまちづくりの様子も見に行くことになるだろう。これからはまちのゴール設定やジレンマ解消、未来の見える化にTOCが役立っていけそうな予感。
地元の人たちの笑顔が見れてやりがいがある。地元だから早く帰れる。夕食を家で食べられる。愛犬とも遊べる。
TOCってこんなことを実現するためにあったんやろうね。
%e6%b3%89%e5%8c%97toc3

[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

たくらみ屋主催共催イベント
TOCセミナー一覧
家族MG一覧

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準