, 好循環, ,

指示ゼロ経営は、文化を創る。

指示ゼロ経営0003

指示ゼロ経営」なんてものをやっている人がいる?!

会いたい人に会いに行く。私のモットーの一つ。何とかして会えないかな?

お名前で検索してみると。。。あれ?!友人がこの人を取材したブログを書いている! 早速繋いでもらおう!

Facebookのメッセージで繋いでもらって、いきなりいただいた言葉が「仲間がいた〜!」

すぐに電話番号を教えてもらって意気投合、1ヶ月も立たない日程でお会いする約束ができました。

当初は私が一人で会いに行くつもりでした。しかし、こんな人に会いに行くんだよ〜と周囲に言ってると「私も行きたい」「私も行きたい」が続出。

南三陸、山形、福井、大阪、北九州、大分から長野県の辰野に10名が集合する「指示ゼロ経営を語る会」になってしまいました。

IMG_8655

     ☆     ☆     ☆

指示ゼロ経営0012

今回お会いしたのは、米澤晋也さん。長野県上伊那郡の共和堂新聞店で、指示ゼロ経営を15年も前に始めていた方です。

お迎えいただいた塩尻駅でお会いすると、元DJらしくさわやかであり個性的でもある楽しそうな方(^-^) 楽しい一日になることは確信していましたが、予想以上になりそう!

当日は指示ゼロ経営を語る会らしく、スケジュールは「塩尻駅に全国各地から12時半に集合」「泊まりはここ」の2つしか決めていませんでした。「会ってよかったと思っていただけるようにしよう!」とだけ考えて、当日の流れで柔軟に決めようと思っていました。「遠くから集まるこれだけのメンバーなら、必ずその方が面白くなる。」という確信もありました。

さて駅からお迎えいただいた車に乗ろうとすると3台車がある? 人数は2台で十分なのに?

これは前日まで今日の10人の来客を知らなかったスタッフさんが「遠方から来られるから荷物がたくさんあるので、もう1台あった方がいい」と言って来られたんだそうです。

指示ゼロ経営0004

何て想像力豊かでおもてなしの心の深いスタッフさん。早速指示ゼロ経営の威力を垣間見ることになりました。

ホテルのレストランでお昼を食べながら話していると、既に隣の会議室も予約していただいているということ。ありがとうございます(T_T)

「その前に、御社を拝見したいですね!」
「新聞店で本当に何もないですが、行きましょう!」

ということで、知る人は「指示ゼロ経営の聖地」と呼ぶ、共和堂新聞店に到着。

指示ゼロ経営0008

米澤さんが少し業務の説明をした後、何の打ち合わせもないはずなのにスタッフさんお二人が共和堂の取り組みをプレゼンしはじめる!

指示ゼロ経営0005

「何も指示しないと言われた時、しばらくは楽に感じていました。」
「しかし1年くらいたつと、これ、まずいんじゃない?!とみんなが考えるようになりました。」

指示をしない、ということは社長は凄く我慢することになるだろうなと想像していました。実際に1年経った時にスタッフさんがまずい!と感じ始めたわけですから。

でも後で社長に聞くと「3日目くらいから変化が始まっていた」と言います。小さいことからスタッフさんが自分で決めて行ったり、好きなようにしてみるという変化。これはスタッフさんが意識するしないに関わらずあって、社長はそれを楽しみに見ることができるわけです。

「うちは給料も自分で決めます。」
「しかし給料を決めるには、いろんな数字を知らないと全然決められないわけですよ。だから勉強しようという気になる。」

指示ゼロ経営は時間がかかる。しかし、このスタッフさんたちを見ていると「待つ時間なんて、こんな有意義な人生を過ごすためにはわずかの時間かも知れない」と思えてきます。

スタッフさんのプレゼンの時に社長はずっと別室にいました。さっと居なくなってスタッフさんが生き生きと話せる場をつくることが徹底しています。

指示ゼロ経営0024

共和堂さんのいいところは、何より楽しそうなこと!こんなことが起こったら楽しいだろうな?こうしてみようかな?という雰囲気に溢れています。

お客様からの長文の感謝の手紙。新聞配達員さんが、ちょっとしたご挨拶をメモして新聞と一緒に投函したことから便箋3枚に及ぶ感謝状が来ていました。お互いの笑顔が目に浮かびます。

IMG_8659

いちいち許可や指示を待っている姿勢からこんなことは生まれない。柔軟に対応もできない。しかし指示ゼロが浸透しだすと、先ほどの車を3台出すアイデアのように、社長が考える以上のことをスタッフさんが考えだす。

指示ゼロが浸透すればこんなに楽しくなると現実に目の前で見れたのは、参加者全員に大きな勇気を与えました。

     ☆     ☆     ☆

指示ゼロ経営0010

見学後、会議室での質問や美味しいそば屋での交流会と続きます。いろんな話の中で、私が大きく心に残っているのは

「ビジョンを身近な表現でされている」

ことです。

「あれ、腹立つよね〜。ギャフンと言わせてやろう!っていうのでみんな一つの方向を向いたわけですよ(笑)」

というようなエピソードを笑顔で語る米澤さん。非常に人間味があってわかりやすい(^-^)

そして指示ゼロ経営は「やる」のではなく「なる」。それは風土をつくる、風景をつくる、文化をつくるという言葉が出た時に、心からそうありたいと思うことができました。

ますます多くの会社が指示ゼロ経営で文化を作ることを志すと思います。米澤さん、ありがとうございました。引き続き全国各地でお会いしましょう!

IMG_8675


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

【全4回】 魂のプライシング実践講座 第1期
6/16大阪 指示ゼロ経営ショートセミナーin大阪
6/19松本 TOC 1dayセミナー 就活学生応援の無料参加枠5名あり
6/28 水都大阪 1dayMG
7/1-2大阪 TOC実務者コース(免許交付可能セミナー)
7/4-7/5 第1回気仙沼MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
7/18-19 第1回富士山MG 就活学生応援の無料参加枠3名あり
7/25-26 第2回水都大阪MG 夏休み学生応援の無料参加枠4名あり
7/29-30東京 TOC実務者コース(免許交付可能セミナー)
8/22-23 第3回水都大阪MG 夏休み学生応援の無料参加枠4名あり

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]


標準