,

越境は口にしたくない言葉

「越境」っちゅうのは、自分としては口にしたくない言葉。何となく侵略っぽいイメージがあるんやね。

現代は国境の壁も低くなったし、海外の人にお役に立てるのであればどんどん自分とこの価値を輸出したらええと思う。しかし越境関係の話を聞いていると、自分とこの経費が稼げんようになったから海外に取りにいかなあかんって雰囲気ががどうしても抜けへんねん。

以前から製造では、人件費が安いからといって海外に工場を進出して、高くなったら撤退してまた次の国に行って、撤退した国の地域をボロボロにするようなレポートも見る。その場を見たわけではないけど、事実ならばそれも侵略っぽいイメージやね。

根っこは同じような気がするなぁ。向こう側の相手をリスペクトしているかどうか。それとも自分だけのためにやっているか。その違いかな。

何故そんなことを感じるかと考えると、たぶん自分がかつて国境を超えたからやね。ニュージーランドに住んでいた頃に作った会社の社名が「Beyond the Border」やった。

その頃は新天地で何ができるやろう?とワクワクする気持ちもあった。でも次第に一方的な気持ちは現地の人には全く歓迎されていないことに気がついた。相手のことを何も知らなかったんやね。

もっとええ言葉ないかなぁ。ボーダーの向こうの相手をリスペクトしながら、自分のええところを生かせているような言葉が。


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

10/24大阪 指示ゼロ経営ベーシックセミナー
10/25.26 ヤマガタWeb特別事業 MG
11/11-12熊本 TOC実務者コース(免許交付可能セミナー)
11/18-19 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
11/21-22 第4回松本MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
12/16-17東京 TOC実務者コース
12/28-29 水都大阪忘年MG 家族参加は1名無料!

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準