100%正しい忠告はまず役に立たない

こころの処方箋
http://tinyurl.com/5yeyq9

「100%正しい忠告はまず役に立たない」

「例えば煙草を毎日吸っている人に、煙草は身体に悪いから止めろと言ってもまずやめることはない。」

例えばゴルフでガチガチに身体が硬くなっている人にリラックスしろと100%正しいことを言ってもできるものではありません。

法則やノウハウは参考にはなるのですが、同じ状況は二度となく、その時々の人と状況の真実に目を向けるしかありません。

ゴルフで硬くなっている人には、「お腹に力を入れて」というと肩の力が抜けてうまく行く場合があります。

しかしそれも100%良い忠告とは言えないかも知れません。

ゴルフを趣味でやっている人ならそれで喜ぶのですが、そもそもその人がプロを目指すならば、その「お腹に力を入れる」という方法を自分で編み出すように導く方が良いのかも知れないです。

法則とか言葉などに惑わされず、目の前のその人を個としてしっかり見ることを心がけています。私は小学校のころからよくこんな体験をしています。

「もりもと君、この問題教えて。。。これがこうなってああなって。。こういう問題で。。。あれ?分かったわ。それじゃバイバイ!」

私は何もせずにそばにいただけなのに、勝手に自分でしゃべって解決して帰って行きました(^-^)

これが理想ですけど、そこまでの段取りをいろいろと考えてやってみることが私の天職のように感じています。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

4/21-22 第1回帯広MG
5/5-6 TOC実務者コース (社内インストラクターコース)

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準