シンプル,

2の7乗=128通りから瞬時に1つに決められるか?!

2の7乗の選択肢

ボトルネックを見つけたら、最初にすることはボトルネックを軽くすること。

「言っても言っても決められた業務フローをやらなくなるし、いつまでたってもどう判断したらいいか上司に聞いてくるんです。」

年末商戦の超繁忙期を何とかしたいと考えている輸入販売のお店。理想的な作業手順は一度みんなで策定したはずなのに、時間が経つとスタッフさんがそれをしなくなって、結局流れが悪くなることにお悩みでした。

「ボトルネックがコロコロ移動して、どこに改善を集中していいかわからないんです。」

会社の全体図を7工程で書いた大雑把な業務フローでも、そのうち4工程の間でボトルネックが移動すると言うのです。

よくこれで人が足りないという話になりがちなのですが、本当にそうでしょうか? そもそも余計な作業が多くないでしょうか?

「いつまでたっても上司に判断を仰ぐ」というところに着目して、判断することが多すぎるのではないかということを感じ、次のように質問してみました。

「いつも煩雑に思っていることはないですか?」
「新しく伸びてきている業務用の販売発送業務が結構ややこしいのです。」
「その煩雑さが他の業務を止めてしまうことがありますか?」
「大いにあると思います。」

根本問題の匂いがしてきました (^-^) 「本当に困ったことの反対は、とても好ましいこと」のシンプルな原則に従って、次の質問をしてみます。

「その業務用の流れが良くなれば、御社は楽になって儲かると思いますか?」
「はい!儲かります。」

0.2秒で即答が出ました! ではこの業務を分解して軽くしましょうということで、付箋で業務を書き出してみると。。。

「大変なことがわかりましたね。」

発送業務の判断が極めて複雑で、「AかBか」の判断項目が7通りもあることがわかりました。これは「2の7乗」すなわち128通りの答えがあるということです! (ホワイトボードで256通りと書いてあるのは間違い、ご愛嬌(^-^)  )

そりゃ責任の取れる範囲が限られているスタッフさんが瞬時に判断するのは怖いです。だからいつまでも判断を仰ぐのですよね。

早速7通りの判断項目を整理。7工程のうち2工程を「なくすことができる」判断項目に分類できました。これだけでも答えが4分の1の32通りに激減。

さらに帰ってスタッフさんと協議すると「ここをシンプルにすればいいのなら」ということで、現場からのアイデアも出てくる雰囲気になったそうです。必ず流れがよくなり、他の業務を中断することも少なくなってくるでしょう。

このお店には、是非今年の年末商戦で最高の成果を出して欲しいです!


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

9/5 「誰でもアイデアが必要な時に出せる」アイデア理論 1dayセミナー
9/14-15 第2回気仙沼MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
9/21 脱人材不足 自発的な人財を集める採用術セミナー
10/14-15大阪 TOC実務者コース
10/21-22 第2回宇都宮MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
10/25.26 ヤマガタWeb特別事業 MG
11/11-12熊本 TOC実務者コース(免許交付可能セミナー)
11/18-19 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
11/21-22 第4回松本MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
12/16-17東京 TOC実務者コース

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準