私の夢は?と聞かれれば。

東に病気の子供あれば

行って看病してやり

西に疲れた母あれば

行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば

行ってこわがらなくてもいいといい

北に喧嘩や訴訟があれば

つまらないからやめろといい

日照りの時は涙を流し

寒さの夏はおろおろ歩き

みんなにでくのぼーと呼ばれ

褒められもせず

苦にもされず

そういうものに

わたしは

なりたい

☆    ☆    ☆

宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」。
http://goo.gl/nx83

この言葉が突然私の中に湧き出てきたのは昨年暮れ。ある本を読んでいる時でした。

「あ、私はこれになりたいんだ」

と、すっと信じることができました。

何故だろう?とよくよく考えると、この言葉をかけた額が幼い頃の実家の鴨居にかかっており、たまに両親が読み聞かせていたのでした。つまり、私の育ちそのものです。

当時は意味がわからなかったけど、ようやくここで降りてきた。それに気づいた私はすぐに母に電話をしました。

「あの額は今どこにある?」「どうしたん?急に。あれは引越の時に残念やけど処分したわ。」

さすがにがっかりきましたが、では自分で作ろう、ということで

岩手のてぬぐい屋「ありすや」さんにこの言葉が入った手ぬぐいをつくってもらっていつもかばんに入れています。

夢とか目標というものは、遠くを探しに探して、やっとその後に自分の近くにあった、と気づくものなんだなあと改めて感じました。

2年前、ニュージーランドの移住生活を引き払って日本に帰ってきたときも

「地球の裏側まで行ってみたけど、幸せは日本のすぐそばにあったなあ。今だからわかる。」

と嫁さんと語り合いました。だから、社名も「こきょう」になりました。

いろんな旅は、全て自分の近くの大切なものに気づくためにしているのかも知れません。


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

9/5 「誰でもアイデアが必要な時に出せる」アイデア理論 1dayセミナー
9/14-15 第2回気仙沼MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
9/21 脱人材不足 自発的な人財を集める採用術セミナー
10/14-15大阪 TOC実務者コース
10/21-22 第2回宇都宮MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
10/25.26 ヤマガタWeb特別事業 MG
11/11-12熊本 TOC実務者コース(免許交付可能セミナー)
11/18-19 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
11/21-22 第4回松本MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
12/16-17東京 TOC実務者コース

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準