「見ても真似できない」の向こう側

情報の5段階

 

知る < わかる < できる < 教える < 根付く

「情報は、知っている人が少ない情報ほど価値がある」という文章を読んだので、自分なりに整理してみました。

1.知るステージ
情報は、知っている人が少ない情報ほど価値があると感じる。

2.わかるステージ
情報を、行動に移せる知恵にしようと思う。

3.できるステージ
行動を継続し、無意識のうちにできるようになる。

4.教えるステージ
情報を進んで公開しようと思う。

5.根付くステージ
情報が、人々の資産であると感じられる。

私が日々思うのは「見ても真似できない情報の向こう側に価値がある」。

向こう側にある途方もない行動と体得を敬い、自らそうありたいと心を新たにします。


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

9/5 「誰でもアイデアが必要な時に出せる」アイデア理論 1dayセミナー
9/14-15 第2回気仙沼MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
9/21 脱人材不足 自発的な人財を集める採用術セミナー
10/14-15大阪 TOC実務者コース
10/21-22 第2回宇都宮MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
10/25.26 ヤマガタWeb特別事業 MG
11/11-12熊本 TOC実務者コース(免許交付可能セミナー)
11/18-19 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
11/21-22 第4回松本MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
12/16-17東京 TOC実務者コース

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準