創発, ,

手が届くようになったら

スズキ・メソードと、好きなギタリストと、子どもの頃のシワシワのシャツが繋がったお話。

☆     ☆     ☆

お昼に超ビッグハンバーガーを食べちゃったので、夕方ジムに行って走り始める。

ジムではネットフリックスの動画をトレッドミルの画面で見ながら走れる。このお陰で随分走る時間が伸びた。

今日は前にも見たキース・リチャーズのドキュメンタリーを観ながら走ることにする。何キロ走ろうかな?

キースが語り始める。

「祖父は誰でも機会を与えれば、音楽家になれると信じてた。」

む? ここでも機会か。

「まずは楽器を置いて目に留まるかを見るんだ。」
「そうやって俺は数年間観察され続けてた。ギターを気にする姿をね。」
「いいギターだろって言われたのを覚えてる。」

ギター、最初は触らせてもらえなかったんだ。

「手が届くようになったら、触らせてやるよって。」

 

あーっ、スズキ・メソードと同じだったんだ!

弾きたいという気持ちが起こるまで。
自分からどうしてもやりたいと言い出すまで。
大人たちはそれを心から楽しんでいる様子を見せながら。

世界的なバイオリニストをたくさん輩出している鈴木鎮一氏のスズキ・メソード。研修を行うものとして本を読んだりしているが、全く同じようにやっている。

お母さんを一曲弾けるように教えて、その間子どもは挨拶の練習だけをさせる。お母さんを楽しそうに弾くのを見て「わたしもやりたい」と言いだしたらそこで初めてバイオリンを持たせてくれる。

国境を超えて響く才能って、やっぱりこういうふうに発揮されるんだな〜。。。と思いながら、何故か自分が子どもの頃のシワシワのシャツを思い出していた。

☆     ☆     ☆

何年生の頃だったか忘れたが、子どもの私がいつも服をたたまずクチャクチャにして置いていた。

見かねた母が言った言葉は「シワシワになったらかっこ悪いやん」だったと思う。

今考えたら、これは大した言葉だと思う。「ちゃんとたたみなさい!」って怒ってない。

見てる母は気持ち悪いけど、あなたのやってることのできばえとして、それでいいの? って聞かれている感じである。

でも子どもの頃の私は「シワシワでも全然かまへんやん。何が悪いの?」って言っていた。

別にウソを言っているわけではなくて、シワシワがカッコ悪いとは本当にこれっぽっちも思っていなかった。

シワにならないようにちゃんとたたむという意味がわからなかった。逆にたたむ面倒な時間がなくてええやん、っていうくらいに本当に思っていた。そして母にもそんなことを言った。

母は苦笑いしながら「そやけどな〜、やっぱり恥ずかしいやん。」くらいのことを言ってたと思う。

やっぱり子どもの私は意味がわからなかったので、その時はそのまま何も変わらなかった。

 

何年かして、子どもなりに身だしなみが綺麗だと気持ちいいとか、周囲がうまくいくということを何回か経験するようになった。

そうすると、やっぱり母が言ってたように「シワのない方がいいかな」と思うようになった。

でも綺麗にたたむのはどうしてもうまくいかなくて、出来栄えも周囲の人が苦笑するたたみ方だったので(^-^; 私は服をハンガーにかけるようになった。

 

今でも出張のシャツは妻にたたんでもらって、私はホテルに着くとすぐにハンガーにかける。

自分でたためる訓練をした方が良かったのだろうか?

でもそんな感じがしない。

母が伝えたかったことは「シワのないシャツ着ると、いいことあるよ〜。」だったんだと思う。

苦笑いだったけど、怒った顔ではなくて笑いながら言うから、あとで自分で気がついた時にヘタなりに考えようって気持ちになったんだと思う。

母は怒ってクドクドと伝えなかった。伝えたら仕方なしに、意味も分からず、嫌々シャツをたたむ訓練をしていたかも知れない。

そうすると、多分今の私はなかったと思う。何故やるんだろう?って考え続けるられる私は存在しなかった。

「やりたい」「考えたい」と思いつづけられる環境をつくるって、すごいことかも知れないな。

☆     ☆     ☆

ふと気がつくと、5km走っていた。頭よりも身体のしんどさの方に意識が行くようになってきた。

もう1km走って、今日は6km走って終わり。いい汗かいた😊

キースはまだ話し続けている。

「チューニングしてる最中に魔法は起こるのさ。」
「枠ばかり気を取られていたら見落としがちになる。」
「最も面白いことは枠の外側で起こることをね。」

 

俺たちも「ただいま、チューニング中」やな。

「手が届くようになったら」

すぐに最も面白いことが起こる😊

 


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

たくらみ屋主催共催イベント
TOCセミナー一覧
家族MG一覧

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準
デザイン, , 創発, ,

「空白」は豊かな言葉

何もない事務所と、何もなかったインドの学校で考えたこと。

2017年4月3日、机はもちろんゴミ箱すらない新しい事務所。これから行動を共にする友人たちと自分達の未来を可視化していった。

BMR(Beings Management Resources)という、なりたい個人と集団の目標を融合させるプログラムを使う。数年後の未来の日付の新聞を全員で時間内に完成させる。そうして未来とビジョン、ワクワクと目標を全員で可視化する。

地べたに寝転がったり、ダンボールを机にしたり、壁に文字を書いたり。大人たちの普段見れない光景が、さらに創造力をかきたてる。

来週にはここにも机と椅子が入る。たまに全部使わずに円座でセミナーやるのもいいかと思ったが、やっぱり使おうと思っても使えない、何もない「空」は、特別な空間だった。

この場所で、2009年に行ったインドの学校のことを思い出していた。

訪れたブッダガヤの学校にも、机や椅子はなかった。当時の学校が一時圧力で閉鎖されて備品が全部撤去されてしまったからだった。

再開された学校で、生徒たちはコンクリートの床に座って授業を受けていた。

Exif_JPEG_PICTURE

何もなくても、いや、何もないから、学ぶ目は真剣そのものだった。学べること自体が貴重な時間だから。これまで望んでも受けられなかったから。

そして、貧しい子どもたちの笑顔は希望に満ちていた。

Exif_JPEG_PICTURE

日本は豊かだからできないってことはない。

実際に周囲で「学校ではできない勉強ができました!」「こんなに考えたのは何年ぶりです!」っていうことが起こってるもんな。

「学校ができない学びの場を創りたい」という思いが、ますます強くなっている。

その鍵の一つは、何もない「空白」を創ることかも知れない。

何もない空間。
何も置かれていない部屋。
何も書かれていない白紙。

何もやることが決まっていない時間。
何も話さない時間。
何もせずにじっとしている時間。

何か大きなものをなくした時。
何も経験が通じない場に来た時。

何もないことに、慣れていなかったかも知れない。
何もないことに、まず不安が来るかも知れない。

しかし何もないことを受け入れると、
人はそれまでの知識と経験を総動員して考える、やってみる。

そこに創造力が働く。

そして失敗すると心からがっかりする。何か少しでもうまく行った時に心から喜ぶ。

デザインは余白をいかに使うかだと言う。そこには創造力がある。未来を生み出す宇宙のような空間を創るっていうことだと思う。

未来の新聞は、もちろん!みんなが笑顔の未来が書けた。さらに私の誕生日祝いがたくらまれていた\(^o^)/

空白があるから、ここまでたくらめる。本当に感謝、ありがとう。

空白って、これから最も豊かな言葉になるかも知れないね。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

たくらみ屋主催共催イベント
TOCセミナー一覧
家族MG一覧

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準
たくらみ, , 創発, ,

何? の答えは面白くない。

株式会社たくらみ屋って何をやるの? ってよく聞かれるんですが、「何?」に対しての答えって面白くないんですよね。

直接の形としては研修とかセミナーとかイベントとか相談になるんですよね。そんな言葉を並べても全然ワクワクしない。

「何故やるか?」「誰とやるか?」 これが面白いんですよね。

まあ例えば、写真のような場面を起こしたいから。小学校5年生のスピーチに、大人たちが一斉に心から大拍手を送るって。こんな場面は今までほとんど見たことがない。

何故やるか? 最近ホットな何故の答えは「世界一をたくらみたいから。」「業界をたくらみたいから。」

誰とやるか? 「世界一の人とやりたい。」「仕事を面白くしようとしている人とやりたい。」

いやー、バルーンアートの世界一のアーティストがいるよ。スラックラインの世界大会を実現しちゃったお坊さんがいるよ。

いやー、1万店のお菓子屋さんに繁盛してもらいたいメーカーさんがいるよ。世界のクラフトビールを扱う飲食店さんに繁盛してもらいたいメーカーさんや協会長がいるよ。

そしたら一つのテーマでシリーズのイベントを組んでみようよ!ってなって、結果的に「何」ができあがる。

例えば第1回はアート講習会とかビールイベントよね、2回目は資格の認定よね、3回目は繁盛講習会の入門編よね、4回目は。。。となっていくわけですよ。

私は戦略って言葉は使わないけど

「戦略って人々が言っていることは、”何故に対する答え” だ。」

と言ったのはTOCのゴールドラット博士。「何故」が大事。戦略も、何故に対する答えも、言ってることはそんなに違ってなくて、言葉の違いがあるのはたぶん使う人の思想のルーツが違うから。

ということで、 たくらみ屋はいつも「何故」から始めます。事務所もできたことだし、そろそろ皆様と繋がれる「何」が形になってきます😊 お楽しみに。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

たくらみ屋主催共催イベント
TOCセミナー一覧
家族MG一覧

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準