, 好循環,

これからの消費は「金は天下の回りもの」

たくらみ銀行券

先日の「何故、器用は貧乏になるのか?」の記事で、金は天下の回りものと書きましたが、

ふと「天下」って何?って思っちゃったのです。

天の下って、どこからどこまでの範囲? 地球上全体のこと? それとも? っていうのが妙に引っかかったのです。

「天下」をネットで調べると、本当にたくさんのことが書いてあります。日本の場合、中国の場合、ベトナムの場合。。。歴史による推移。。。などなど。

この中で商売的なことで言うと、華僑の天下についての考え方がとても面白かったのです。

 

天下とは、顔の見えるコミュニティのこと

 

お金儲けが得意な華僑にとっての天下は、「大事な仲間」ということらしいです。
(一生お金に困らない「華僑」の思考法則:大城太著 日本実業出版社, 2013)

つまり華僑にとっての天下は、顔を知っていて、普段コミュニケーションをしている人。コミュニテイ。その中でお金をぐるぐる回すのだそうです。

大事な仲間であると、そこでお金を使っても「人の財布に貯めるお金」だと考えるということです。

そうでないお金は「死に金」。。。はっきりしていて、凄い考え方ですよね?

私が学んできた経営思想のTOCも「自然には矛盾がない」という考え方から、流れ、循環、和を尊びます。和の中で、お金が流れることを重視します。何か少しそれと一致してきました。

そういえば身近でそんなエピソードがあったことを思い出しました。

私がよくお世話になっていて無農薬のお米農家の中道農園さん。最近では無農薬無施肥の自然米も作ります。

写真は自然栽培米。農園さんはほとんど何もしていないのに、他のどの稲よりも茎が太くて元気でした。本当に信じられない。

私はお米はここから買っています。

昨年、園長の中道唯幸さんと座禅断食でご一緒した時に、彼は指導者の野口法蔵さんから講話をお願いされたました。ご本人はびっくりしていましたが、「自然そのもの」に常に対峙していらっしゃる中道さんのお話を私も聞きたいと思いました。

「お米はどこから買えばいいですか?」という質問が出ました。

こんな時普通は、無農薬の自信のお米をネット販売していますから、是非うちでお買い求め下さいと言いたくなるでしょう。私も品質を知っていますから、それを言っても十分納得できると思っていました。

しかし中道さんの答えは違いました。

「知っている人から買うのが一番だと思います。」

 

これってまさに、「お金は天下で回した方がいいですよ」ってことではないですか?

自然なお米を、顔の見えるコミュニティの人から購入する。お金はまた自然な流れで「天下」を回って、また自然な米を作る。

何て素晴らしい循環なんでしょう。

情報量が多くなってきたっていう現代は、情報が多すぎて混乱することももちろんありますが、そんな自然な循環に改めて気づくチャンスも多くなっているはず。

これからの消費は「天下の回りもの」的消費が増えるようになってくると感じています。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

12/12-13 大分MG
12/16-17東京 TOC実務者コース
12/28-29 水都大阪忘年MG
1/4 第2回子ども商店プロジェクト! in 小倉
1/5-6 小倉新年家族MG

1/13-14大阪 自律的集団への登竜門 指示ゼロ経営的TOC実務者コース
1/23-24 ヤマガタWeb研究会 特別事業 TOC研修
1/20-21 チーム創りに効く水都大阪MG
2/20水都大阪TOC 1dayセミナー
3/10-11 第5回松本MG
3/24-25 いちのせきMG

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準
好循環,

何故、器用は貧乏になるのか?

エッチングする私

私の友人に、何でも出来てしまうとっても器用な人が居ます。

家の棚をつけるとか、蛇口を交換するとかは朝飯前。調子に乗ると部屋を1つ作ってしまいそうな勢い。

プレゼントに名前を刺繍までしてくれちゃいます。本当に驚きます。

私のボトルエッチングはこんなにギザギザなのに(^-^;;

 

「おー、凄い器用ですね〜!」ってこっちは感謝するのですが、その答えが決まって

「いやいや、器用貧乏でねー。」なんです。

器用貧乏って、不思議な言葉だなーと子どもの時から思っていました。

なぜ器用なのに、何でもできるのに、貧乏になっちゃうんだろう?と不思議でなりませんでした。

それが最近、その理由が少しわかるようになりました。教えてくれたのは、小学生でした。

 

お金は「流す」もの

 

お父さんと一緒に経営シミュレーションゲームを楽しむうちに家庭内起業してしまった「そうた君」という小学5年生が岩手県一関市にいます。

※子ども商店の詳しい様子はこちらの記事を見てくださいね。 → 子ども商店プロジェクト

彼は自分で決めたお小遣い以上の利益が出た時に、お客様である親類にお中元のタオルを買って渡し、感謝の気持ちを伝えるという素晴らしい行動をしていました。

そのタオルは、自分が通っていた幼稚園のバザーで買ったものでした。

何故幼稚園で買ったの?と聞くと、

「自分が通っていた幼稚園にお金が行くし、通っている後輩にもお金が使われるから。」

おー、お金を循環させるっていうことね! 大人でもなかなか考えないと思います。

いや、大人だから考えなくなるのか? いろんなリスクが襲ってくるかも知れなくて不安だから貯め込もうとするのか?

そうすると、どんどんお金を貯め込むことになる。お金が流れなくなる。そして「お金儲けは自分だけ貯め込む悪いこと」というイメージに繋がって来ちゃう。

なるほど、そうた君はお金を「流す」ことを直感的にやっているんだね。

 

何でも自分でやると、お金が流れない

 

そしてさらに聞くと。。。

「順調に売上が上がっているようですけど、もっと増えたら作業が大変になったらどうしますか?」

「弟たちを人材育成します。」

実際にそうた君は、時間的な理由などで自分ができない時は、すぐに弟たちをアルバイトに雇います。そしてちゃんと十分なアルバイト料を払う。

ここでも、お金が流れているんですね。

もしそうた君がとっても器用で、タオルなども自分で作っちゃってしまったらどうでしょう?

お金がその先の幼稚園とか園児にはなかなか流れませんね。

もしそうた君が時間管理、タスク管理も完璧で、人を雇わずとも自分で全部やってしまう人だったらどうでしょう?

お金が弟や、弟がお小遣いで使う先には流れませんね。

自分から手が離れてお金が流れた先には、様々なコミュニケーションや感謝が生まれます。そして「金は天下の回りもの」と言われるように、回り回って自分に返ってきます。

しかし。。。自分でやるとお金が流れない。

結果、回り回って自分に返ってくることもない。

何でも自分で出来てしまう器用な人はからはお金が流れることが少ないので、「器用貧乏」と言われてしまう状態になる。

そんなふうに感じたのです。

 

私が学んで来たTOC(制約条件の理論)って一言で言うと何か?って聞かれると「Flow(流れ)」と答えられることが多いです。

流れを創ることが大事なんですね。

するすると川のように流れていくと循環する。いつも新鮮である。気持ちいい。

流れないと淀む。溜る。腐る。重たい。気持ち悪い。

お金をするすると流していく小学生を見て、ご縁ある人たちと楽しくお金を流していこうと考えたのでした。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

12/12-13 大分MG
12/16-17東京 TOC実務者コース
12/28-29 水都大阪忘年MG
1/4 第2回子ども商店プロジェクト! in 小倉
1/5-6 小倉新年家族MG

1/13-14大阪 自律的集団への登竜門 指示ゼロ経営的TOC実務者コース
1/23-24 ヤマガタWeb研究会 特別事業 TOC研修
1/20-21 チーム創りに効く水都大阪MG
2/20水都大阪TOC 1dayセミナー
3/10-11 第5回松本MG
3/24-25 いちのせきMG

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準
シンプル, 好循環, ,

あるからと言って、使わなくてもいい。

「大きな山は小さく崩す」という金言があります。私がここ数年で、現場改善で最もたくさん使った言葉です。

・仕入れをまとめて買いすぎている
・営業でまとめて仕事を取ってきすぎている
・商品アイテム数を持ちすぎている
・在庫をたくさん持ちすぎている
・途方にくれるような大きな問題がいきなり起こる

こんな時に、「大きな山は小さく崩す」と何度唱えたでしょうか。仕入れを小分けにしたり、大きな問題の中間目標を設定してみたり。

多くの場合、肩の荷がすーっと軽くなって実際に仕事がうまく行ってしまうのです。

もう5年ほど続けさせていただいてるTOC研修(ソフトパワー研究所さん開発のダイスゲーム)では、これをゲームで擬似的に体験してもらいます。

そして最近ではすぐに答えをお伝えせず、参加者の皆さんが自分たちで知恵を集めて困難な状況を脱してもらうようにしています。

ほとんどの場合、ほぼ正解に近い方法を参加者自身が編み出します! これは本当に素晴らしいことです。

こういう様子を見ていると、講師が安易に答えを伝えてしまうのは本当に罪だと思います。言われたことは実にならないけど、自分で考えだしたことは本当にできるようになるからです。

さて「ほぼ正解に近い」という表現をしました。それはまたほとんどの場合、人類共通にあるんではないか?とも思われる「壮大な思い込み」がちょっと邪魔をするのです。

それは。。。

「あるものは、使わないといけない。もったいない。」

この思い込みです。

例えば「大きな山」という問題に対してゲームでどのような改善策を取るかというと。。。

「そもそも大きな山にならないように人材を減らしたり、機械を減らしたりする。」

この方法を考え出すことがほとんどです。

これが不正解ではありません。80%くらいうまくいくのです。根本問題に対処しているわけですからかなり状況は改善します。

しかし実際のリアルの仕事の場面になると、なかなかうまくいかない。だって機械を撤去したり、人員配置を変えたりっていうのは結構苦労を伴います。

結果、ゲームでは改善してもなかなか現場では動き出せない。。。

これは「あるものは、使わないといけない。もったいない。」という思い込みが邪魔をしているのです。

このことに、私はピーターパンという千葉県の大人気パン屋さんが、常に焼きたてのパン(30分以内に焼いているパン)をお客様にお出しして大成功している事例を見て気が付きました。

大成功ってどのくらいかというと「通常のパン屋さんの10倍位売り上げる」くらいです。

ピーターパンは大人気パン屋さんですから、たくさんパンを焼きます。だから窯もフル稼働しているはず。。。

と思って見ると、実は違う! 人気のカレーパンの揚げ釜などを見ると。。。

「釜の半分しか使っていない。。。」

何故なら、全部使うとたくさん一気に揚がっちゃうから冷めてしまって、この店のウリになる「焼き立て」にならないのです。

**************************
*   あるからと言って、使わなくてもいい!   *
**************************

何てシンプルなんでしょう。機械を撤去する必要もなければ、人に辞令を出す必要もありません。余裕は余裕のままで置いておけばいいのです。

仕事がない状態ができ、余裕ができます。
余裕ができると、周りを見渡すことができます。
あの人は忙しいけど私も忙しいから手伝えない、なんてことがなくなってきます。
結果、コミュニケーションが生まれます。

他店は「あるものは、使わないといけない。もったいない。」と思い込んでいるから、こんなに簡単なことが真似出来ないのです。

話が違うかも知れませんが「あなたはそんなに才能があるのに、使わないのはもったいない」という言葉を聞くことがあります。

私は、使う使わないは本人の生き方でいいんじゃないかなぁと思います。

世間的に役に立つと思われる才能を使ったばかりに、自分を疲弊させてしまう。。。なんてこともよくあります。

「使わなかった才能」は、いつでも出せる「引き出し」でいいんじゃないかな。

そんなちょっとゆるみのある人生の方が、楽しそうですね。

 

→ 「大きな山は小さく崩す」が身体に入る 7/29-30東京TOCセミナーはこちらをクリック!


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

12/12-13 大分MG
12/16-17東京 TOC実務者コース
12/28-29 水都大阪忘年MG
1/4 第2回子ども商店プロジェクト! in 小倉
1/5-6 小倉新年家族MG

1/13-14大阪 自律的集団への登竜門 指示ゼロ経営的TOC実務者コース
1/23-24 ヤマガタWeb研究会 特別事業 TOC研修
1/20-21 チーム創りに効く水都大阪MG
2/20水都大阪TOC 1dayセミナー
3/10-11 第5回松本MG
3/24-25 いちのせきMG

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準