シンプル, 好循環, ,

あるからと言って、使わなくてもいい。

「大きな山は小さく崩す」という金言があります。私がここ数年で、現場改善で最もたくさん使った言葉です。

・仕入れをまとめて買いすぎている
・営業でまとめて仕事を取ってきすぎている
・商品アイテム数を持ちすぎている
・在庫をたくさん持ちすぎている
・途方にくれるような大きな問題がいきなり起こる

こんな時に、「大きな山は小さく崩す」と何度唱えたでしょうか。仕入れを小分けにしたり、大きな問題の中間目標を設定してみたり。

多くの場合、肩の荷がすーっと軽くなって実際に仕事がうまく行ってしまうのです。

もう5年ほど続けさせていただいてるTOC研修(ソフトパワー研究所さん開発のダイスゲーム)では、これをゲームで擬似的に体験してもらいます。

そして最近ではすぐに答えをお伝えせず、参加者の皆さんが自分たちで知恵を集めて困難な状況を脱してもらうようにしています。

ほとんどの場合、ほぼ正解に近い方法を参加者自身が編み出します! これは本当に素晴らしいことです。

こういう様子を見ていると、講師が安易に答えを伝えてしまうのは本当に罪だと思います。言われたことは実にならないけど、自分で考えだしたことは本当にできるようになるからです。

さて「ほぼ正解に近い」という表現をしました。それはまたほとんどの場合、人類共通にあるんではないか?とも思われる「壮大な思い込み」がちょっと邪魔をするのです。

それは。。。

「あるものは、使わないといけない。もったいない。」

この思い込みです。

例えば「大きな山」という問題に対してゲームでどのような改善策を取るかというと。。。

「そもそも大きな山にならないように人材を減らしたり、機械を減らしたりする。」

この方法を考え出すことがほとんどです。

これが不正解ではありません。80%くらいうまくいくのです。根本問題に対処しているわけですからかなり状況は改善します。

しかし実際のリアルの仕事の場面になると、なかなかうまくいかない。だって機械を撤去したり、人員配置を変えたりっていうのは結構苦労を伴います。

結果、ゲームでは改善してもなかなか現場では動き出せない。。。

これは「あるものは、使わないといけない。もったいない。」という思い込みが邪魔をしているのです。

このことに、私はピーターパンという千葉県の大人気パン屋さんが、常に焼きたてのパン(30分以内に焼いているパン)をお客様にお出しして大成功している事例を見て気が付きました。

大成功ってどのくらいかというと「通常のパン屋さんの10倍位売り上げる」くらいです。

ピーターパンは大人気パン屋さんですから、たくさんパンを焼きます。だから窯もフル稼働しているはず。。。

と思って見ると、実は違う! 人気のカレーパンの揚げ釜などを見ると。。。

「釜の半分しか使っていない。。。」

何故なら、全部使うとたくさん一気に揚がっちゃうから冷めてしまって、この店のウリになる「焼き立て」にならないのです。

**************************
*   あるからと言って、使わなくてもいい!   *
**************************

何てシンプルなんでしょう。機械を撤去する必要もなければ、人に辞令を出す必要もありません。余裕は余裕のままで置いておけばいいのです。

仕事がない状態ができ、余裕ができます。
余裕ができると、周りを見渡すことができます。
あの人は忙しいけど私も忙しいから手伝えない、なんてことがなくなってきます。
結果、コミュニケーションが生まれます。

他店は「あるものは、使わないといけない。もったいない。」と思い込んでいるから、こんなに簡単なことが真似出来ないのです。

話が違うかも知れませんが「あなたはそんなに才能があるのに、使わないのはもったいない」という言葉を聞くことがあります。

私は、使う使わないは本人の生き方でいいんじゃないかなぁと思います。

世間的に役に立つと思われる才能を使ったばかりに、自分を疲弊させてしまう。。。なんてこともよくあります。

「使わなかった才能」は、いつでも出せる「引き出し」でいいんじゃないかな。

そんなちょっとゆるみのある人生の方が、楽しそうですね。

 

→ 「大きな山は小さく崩す」が身体に入る 7/29-30東京TOCセミナーはこちらをクリック!


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

10/14-15大阪 TOC実務者コース
10/20東京 指示ゼロ経営ベーシックセミナー
10/21-22 第2回宇都宮MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
10/24大阪 指示ゼロ経営ベーシックセミナー
11/3-4 第5回水都大阪MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
10/25.26 ヤマガタWeb特別事業 MG
11/11-12熊本 TOC実務者コース(免許交付可能セミナー)
11/18-19 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
11/21-22 第4回松本MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
12/16-17東京 TOC実務者コース

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準
好循環,

スタッフさんが急に値上げに賛成しだしたワケ

「自分の首を締めるだけなんだけどな〜。何でみんな反対するのかなぁ。」

合宿研修で、女性スタッフさん3名を抱える社長さんがこう言いました。何に反対しているかですって? そりゃもう「値上げ」の話ですよ。

通販で宅配便の料金も上がった。原価も上がった。頑張っていい商品も作っている。社長さんは数字的にはこのままの値段で行くと、あるいは値下げすると、会社がどんどん悪くなると思っています。

しかし、スタッフさんはなかなかわかってくれません。

こんな状況、たくさん聞くようになりました。もちろん、安くすればもっと数が売れるという意見もあるでしょう。そこで数字で理論的に社長が「値上げするとこうでね、値下げするとこうでね」って説明するかも知れません。

でも、もっと違う理由があるようです。単純に言うと、スタッフさんは

「値上げすると、自分の首を締める。」

社長とは逆のこんな不安を持っているように見えます。

私も共感が足りない!って妻に怒られますが(^-^; 女性は共感社会と一般には言われますね。男性は古来、マンモスを狩っていた時代から「解決策」を求めるけど、女性は共感でコミュニティを作るって話です。

確かに「安くて良かったよね〜!」って共感する場面は多いけど、「高くて良かったね!」って共感する場面はそう多くない。これは大阪人的感覚?

そうすると、接客現場に近い位置に居れば居るほど、お客様との距離が近ければ近いほど、心理的抵抗感は大きいのではないでしょうか? お客様! いい商品になったから値上げしたんですよ! いいでしょ! って、そりゃまあ言えるわけもない(^-^;

「共感されていない」と思うお客様に対して、なかなか堂々とはできないかも知れませんね。

。。。しかし、そんな状況を、たった1つの行動が変えてしまいました。

☆     ☆     ☆

「今日、スタッフ全員に決算書を公開しました。」

うぉ! 最もハードルが高いことを帰ってすぐやってしまった?!

「どの位の利益が出ると幾らボーナスが増えるかの計算方法も教えました。なんだか、スタッフみんなの目の輝きが違います^^」

指示ゼロ経営のための合宿だったのですが、その中で話し合われていたことがありました。

「意思決定に必要な情報の公開度と、指示ゼロ度は比例する。」

価格設定もそうかも知れませんね。価格を変えることによって自分達がどうなるのか? それが見えなかったり、社長の胸ひとつだったら、なかなか勇気を持って変更できないのも想像に難くありません。

しかし、それがよく見えるとどうでしょう。

「スタッフの意識が私に向かずに売り上げやお客様満足度に向かっているのが嬉しいです。」
「一番嬉しいのは、” もっと高く売ろうよ” と言った時に、みんな喜んで賛成してくれることです^^」

こんなにまで変わるんですね〜。

もしかしたら、共感の方向も変わったのかも知れませんね。「私達がうまくいくと、お客様にも元気を届け続けられる!」

行動したら、自分達が良くなる。価格設定には、そう思える環境も大きな要因ですね。

 

→ 魂で行う値付けを学ぶにはこちら 【全4回】 魂のプライシング実践講座 第1期

 


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

10/14-15大阪 TOC実務者コース
10/20東京 指示ゼロ経営ベーシックセミナー
10/21-22 第2回宇都宮MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
10/24大阪 指示ゼロ経営ベーシックセミナー
11/3-4 第5回水都大阪MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
10/25.26 ヤマガタWeb特別事業 MG
11/11-12熊本 TOC実務者コース(免許交付可能セミナー)
11/18-19 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
11/21-22 第4回松本MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
12/16-17東京 TOC実務者コース

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準
シンプル, 好循環

業務拡大のため、事業所を縮小?!

業務拡大したら、縫製工場が一つなくなった!

意味がわかりますか? 業務拡大って言うと、事業所も大きくなるって自動的に想像してしまうのですが、現代のイケてる企業では逆のことが起こってしまうのです。

岩手県の京屋染物店さんは、2年前にTOC研修をさせていただいてから2〜3ヶ月に一度訪問していますが、毎回事業所の様子が変わってしまっています。写真でその様子をお見せしましょう。

京屋染物店さんの事業所は3箇所ありました。店舗と染工場・デザイン事業所、そして縫製工場。

こちらのおしゃれな建物の左の入口を入ると染めの工場。

右の入り口を入ると2階にデザイン部があり、

1階は主に在庫が主に置かれていました。

しかし昨年末に行ったら、京屋の皆さんがニヤニヤしながら2階に案内してくれるのです。

へ? デザイン部がなくなってる? モヌケノカラ?!

「デザイン部、どこ行ったんですか?」
「向かいの店舗の1階と2階に移動させましたよ(^-^)」

これまでのいらないものを整理したり、TOC効果で在庫を縮小したりできたので、店舗を整理するとデザイン部がそのままお店に移れたそうです。

おー、これでお客様のご要望を直接受ける店舗とデザイン部が合体したので、コミュニケーションと業務の流れが良くなりますね。

そして今年の3月。またニヤニヤするスタッフさんとともにモヌケノカラだった2階に上がると、今度は人がぎっしり?!

「縫製工場をこっちに移しました!」

何と! 以前縫製工場は一つだけ離れていて歩いて5分くらいの場所にありました。

このような玄関があり、

中では染め物の検品場所があり

熟練の縫製のスタッフさんが心を込めて商品を縫い上げていきました。

しかし、どうしても場所が離れているので、染め部門とデザイン部門、店舗とのコミュニケーションが取りにくくなります。

だから縫製工場も一気に以前デザイン部があったところに移動した! というのです。

これで縫製工場の場所がまるまるなくなりました。場所の縮小!

しかし働いている人員と業務量は以前より増えています。それはこのような様子が現実になったから。

染め部門、縫製部門、デザイン部門の3者が寄り集まって相談をしています。この場面が今までなかった。

しかし現在はすぐに意思疎通できるようになったので、業務の流れが圧倒的にスムーズになったのです!

在庫も減ったので、1Fの在庫のあった棚を切ってしまって(^-^; デザインの仕事をするスペースもできちゃった。

「今日の京屋は、昨日の京屋ではない。」 今や社内全員の合言葉になっている京屋染物店さんから目が離せません。


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

10/14-15大阪 TOC実務者コース
10/20東京 指示ゼロ経営ベーシックセミナー
10/21-22 第2回宇都宮MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
10/24大阪 指示ゼロ経営ベーシックセミナー
11/3-4 第5回水都大阪MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
10/25.26 ヤマガタWeb特別事業 MG
11/11-12熊本 TOC実務者コース(免許交付可能セミナー)
11/18-19 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
11/21-22 第4回松本MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
12/16-17東京 TOC実務者コース

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準