好循環,

スタッフさんが急に値上げに賛成しだしたワケ

「自分の首を締めるだけなんだけどな〜。何でみんな反対するのかなぁ。」

合宿研修で、女性スタッフさん3名を抱える社長さんがこう言いました。何に反対しているかですって? そりゃもう「値上げ」の話ですよ。

通販で宅配便の料金も上がった。原価も上がった。頑張っていい商品も作っている。社長さんは数字的にはこのままの値段で行くと、あるいは値下げすると、会社がどんどん悪くなると思っています。

しかし、スタッフさんはなかなかわかってくれません。

こんな状況、たくさん聞くようになりました。もちろん、安くすればもっと数が売れるという意見もあるでしょう。そこで数字で理論的に社長が「値上げするとこうでね、値下げするとこうでね」って説明するかも知れません。

でも、もっと違う理由があるようです。単純に言うと、スタッフさんは

「値上げすると、自分の首を締める。」

社長とは逆のこんな不安を持っているように見えます。

私も共感が足りない!って妻に怒られますが(^-^; 女性は共感社会と一般には言われますね。男性は古来、マンモスを狩っていた時代から「解決策」を求めるけど、女性は共感でコミュニティを作るって話です。

確かに「安くて良かったよね〜!」って共感する場面は多いけど、「高くて良かったね!」って共感する場面はそう多くない。これは大阪人的感覚?

そうすると、接客現場に近い位置に居れば居るほど、お客様との距離が近ければ近いほど、心理的抵抗感は大きいのではないでしょうか? お客様! いい商品になったから値上げしたんですよ! いいでしょ! って、そりゃまあ言えるわけもない(^-^;

「共感されていない」と思うお客様に対して、なかなか堂々とはできないかも知れませんね。

。。。しかし、そんな状況を、たった1つの行動が変えてしまいました。

☆     ☆     ☆

「今日、スタッフ全員に決算書を公開しました。」

うぉ! 最もハードルが高いことを帰ってすぐやってしまった?!

「どの位の利益が出ると幾らボーナスが増えるかの計算方法も教えました。なんだか、スタッフみんなの目の輝きが違います^^」

指示ゼロ経営のための合宿だったのですが、その中で話し合われていたことがありました。

「意思決定に必要な情報の公開度と、指示ゼロ度は比例する。」

価格設定もそうかも知れませんね。価格を変えることによって自分達がどうなるのか? それが見えなかったり、社長の胸ひとつだったら、なかなか勇気を持って変更できないのも想像に難くありません。

しかし、それがよく見えるとどうでしょう。

「スタッフの意識が私に向かずに売り上げやお客様満足度に向かっているのが嬉しいです。」
「一番嬉しいのは、” もっと高く売ろうよ” と言った時に、みんな喜んで賛成してくれることです^^」

こんなにまで変わるんですね〜。

もしかしたら、共感の方向も変わったのかも知れませんね。「私達がうまくいくと、お客様にも元気を届け続けられる!」

行動したら、自分達が良くなる。価格設定には、そう思える環境も大きな要因ですね。

 

→ 魂で行う値付けを学ぶにはこちら 【全4回】 魂のプライシング実践講座 第1期

 


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

【全4回】 魂のプライシング実践講座 第1期
6/16大阪 指示ゼロ経営ショートセミナーin大阪
6/17 絵に描いた餅(理念・ビジョン)を美味しく食べられる餅にする ”マスマスTOC” ワークショップ
満席御礼 6/19松本 TOC 1dayセミナー
7/1-2大阪 TOC実務者コース
7/4-7/5 第1回気仙沼MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
7/18-19 第1回富士山MG 就活学生応援の無料参加枠3名あり
7/22-23 第2回水都大阪MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
7/29-30東京 TOC実務者コース
8/1-3大阪 指示ゼロ経営合宿
8/5-6 第1回宇都宮MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
8/18-19 第3回水都大阪MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
8/26-27 第3回松本MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]


標準
シンプル, 好循環

業務拡大のため、事業所を縮小?!

業務拡大したら、縫製工場が一つなくなった!

意味がわかりますか? 業務拡大って言うと、事業所も大きくなるって自動的に想像してしまうのですが、現代のイケてる企業では逆のことが起こってしまうのです。

岩手県の京屋染物店さんは、2年前にTOC研修をさせていただいてから2〜3ヶ月に一度訪問していますが、毎回事業所の様子が変わってしまっています。写真でその様子をお見せしましょう。

京屋染物店さんの事業所は3箇所ありました。店舗と染工場・デザイン事業所、そして縫製工場。

こちらのおしゃれな建物の左の入口を入ると染めの工場。

右の入り口を入ると2階にデザイン部があり、

1階は主に在庫が主に置かれていました。

しかし昨年末に行ったら、京屋の皆さんがニヤニヤしながら2階に案内してくれるのです。

へ? デザイン部がなくなってる? モヌケノカラ?!

「デザイン部、どこ行ったんですか?」
「向かいの店舗の1階と2階に移動させましたよ(^-^)」

これまでのいらないものを整理したり、TOC効果で在庫を縮小したりできたので、店舗を整理するとデザイン部がそのままお店に移れたそうです。

おー、これでお客様のご要望を直接受ける店舗とデザイン部が合体したので、コミュニケーションと業務の流れが良くなりますね。

そして今年の3月。またニヤニヤするスタッフさんとともにモヌケノカラだった2階に上がると、今度は人がぎっしり?!

「縫製工場をこっちに移しました!」

何と! 以前縫製工場は一つだけ離れていて歩いて5分くらいの場所にありました。

このような玄関があり、

中では染め物の検品場所があり

熟練の縫製のスタッフさんが心を込めて商品を縫い上げていきました。

しかし、どうしても場所が離れているので、染め部門とデザイン部門、店舗とのコミュニケーションが取りにくくなります。

だから縫製工場も一気に以前デザイン部があったところに移動した! というのです。

これで縫製工場の場所がまるまるなくなりました。場所の縮小!

しかし働いている人員と業務量は以前より増えています。それはこのような様子が現実になったから。

染め部門、縫製部門、デザイン部門の3者が寄り集まって相談をしています。この場面が今までなかった。

しかし現在はすぐに意思疎通できるようになったので、業務の流れが圧倒的にスムーズになったのです!

在庫も減ったので、1Fの在庫のあった棚を切ってしまって(^-^; デザインの仕事をするスペースもできちゃった。

「今日の京屋は、昨日の京屋ではない。」 今や社内全員の合言葉になっている京屋染物店さんから目が離せません。


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

【全4回】 魂のプライシング実践講座 第1期
6/16大阪 指示ゼロ経営ショートセミナーin大阪
6/17 絵に描いた餅(理念・ビジョン)を美味しく食べられる餅にする ”マスマスTOC” ワークショップ
満席御礼 6/19松本 TOC 1dayセミナー
7/1-2大阪 TOC実務者コース
7/4-7/5 第1回気仙沼MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
7/18-19 第1回富士山MG 就活学生応援の無料参加枠3名あり
7/22-23 第2回水都大阪MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
7/29-30東京 TOC実務者コース
8/1-3大阪 指示ゼロ経営合宿
8/5-6 第1回宇都宮MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
8/18-19 第3回水都大阪MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
8/26-27 第3回松本MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]


標準
, 創発, 好循環,

傍観者の重要な役割

Aさんは、自分を「傍観者」と表現した。

しかしここ2〜3ヶ月は、セミナー講師をするなど前に出る仕事が多かったという。どうやら、自分の特性とやっていることが合っていないことを無意識のうちに身体が感じ取っていたのだろう。先週はついに4〜5日間、熱で仕事を休んでしまっていたそうだ。

その人が、今夜は違った。

「Aさんが元に戻って良かった!」

地図に乗っていない住宅街の韓国料理の名店。元気のなかったAさんが、急に元気になった姿をみんな大いに喜んでいる。

午前中、自分を見つめるのに苦しそうにしていた「傍観者」は、午後から急に本領を発揮しだした。

傍観者は、実は最も全体を把握するのが得意な人だった。「居る」だけで、他の人の力を引き出すことができる人だった。

そんなことを、どうやら自分自身で発見したようだった。

午後にみんなが話し始めると、傍観者は自ら黙ってホワイトボードに向かった。みんなの話をいつの間にかホワイトボードにまとめだした。ディスカッションが綺麗に図解されている。そしてポイントを突いたコメントや質問を発する。

「傍観者」が本領を発揮した。みんなの会話が活発になる。

傍観者は「何もしていないサボっている人!」と思われて企業では切られることも少なくない。しかし傍観者を切ると、必ず集団の中で次の傍観者役が出てくる。それをまた切り続けると、集団の機能は停止する。企業には人がいなくなる。

傍観者には、傍観者の重要な「見守る」という役割がある。

そんな体験を共有した集団は、山形のイケてる企業を輩出するお手伝いをしようとしている。しかし、私にはその集団自身が最もイケてる企業になってしまいそうな予感がしてならない。


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

【全4回】 魂のプライシング実践講座 第1期
6/16大阪 指示ゼロ経営ショートセミナーin大阪
6/17 絵に描いた餅(理念・ビジョン)を美味しく食べられる餅にする ”マスマスTOC” ワークショップ
満席御礼 6/19松本 TOC 1dayセミナー
7/1-2大阪 TOC実務者コース
7/4-7/5 第1回気仙沼MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
7/18-19 第1回富士山MG 就活学生応援の無料参加枠3名あり
7/22-23 第2回水都大阪MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
7/29-30東京 TOC実務者コース
8/1-3大阪 指示ゼロ経営合宿
8/5-6 第1回宇都宮MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
8/18-19 第3回水都大阪MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
8/26-27 第3回松本MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]


標準