創発, ,

手が届くようになったら

スズキ・メソードと、好きなギタリストと、子どもの頃のシワシワのシャツが繋がったお話。

☆     ☆     ☆

お昼に超ビッグハンバーガーを食べちゃったので、夕方ジムに行って走り始める。

ジムではネットフリックスの動画をトレッドミルの画面で見ながら走れる。このお陰で随分走る時間が伸びた。

今日は前にも見たキース・リチャーズのドキュメンタリーを観ながら走ることにする。何キロ走ろうかな?

キースが語り始める。

「祖父は誰でも機会を与えれば、音楽家になれると信じてた。」

む? ここでも機会か。

「まずは楽器を置いて目に留まるかを見るんだ。」
「そうやって俺は数年間観察され続けてた。ギターを気にする姿をね。」
「いいギターだろって言われたのを覚えてる。」

ギター、最初は触らせてもらえなかったんだ。

「手が届くようになったら、触らせてやるよって。」

 

あーっ、スズキ・メソードと同じだったんだ!

弾きたいという気持ちが起こるまで。
自分からどうしてもやりたいと言い出すまで。
大人たちはそれを心から楽しんでいる様子を見せながら。

世界的なバイオリニストをたくさん輩出している鈴木鎮一氏のスズキ・メソード。研修を行うものとして本を読んだりしているが、全く同じようにやっている。

お母さんを一曲弾けるように教えて、その間子どもは挨拶の練習だけをさせる。お母さんを楽しそうに弾くのを見て「わたしもやりたい」と言いだしたらそこで初めてバイオリンを持たせてくれる。

国境を超えて響く才能って、やっぱりこういうふうに発揮されるんだな〜。。。と思いながら、何故か自分が子どもの頃のシワシワのシャツを思い出していた。

☆     ☆     ☆

何年生の頃だったか忘れたが、子どもの私がいつも服をたたまずクチャクチャにして置いていた。

見かねた母が言った言葉は「シワシワになったらかっこ悪いやん」だったと思う。

今考えたら、これは大した言葉だと思う。「ちゃんとたたみなさい!」って怒ってない。

見てる母は気持ち悪いけど、あなたのやってることのできばえとして、それでいいの? って聞かれている感じである。

でも子どもの頃の私は「シワシワでも全然かまへんやん。何が悪いの?」って言っていた。

別にウソを言っているわけではなくて、シワシワがカッコ悪いとは本当にこれっぽっちも思っていなかった。

シワにならないようにちゃんとたたむという意味がわからなかった。逆にたたむ面倒な時間がなくてええやん、っていうくらいに本当に思っていた。そして母にもそんなことを言った。

母は苦笑いしながら「そやけどな〜、やっぱり恥ずかしいやん。」くらいのことを言ってたと思う。

やっぱり子どもの私は意味がわからなかったので、その時はそのまま何も変わらなかった。

 

何年かして、子どもなりに身だしなみが綺麗だと気持ちいいとか、周囲がうまくいくということを何回か経験するようになった。

そうすると、やっぱり母が言ってたように「シワのない方がいいかな」と思うようになった。

でも綺麗にたたむのはどうしてもうまくいかなくて、出来栄えも周囲の人が苦笑するたたみ方だったので(^-^; 私は服をハンガーにかけるようになった。

 

今でも出張のシャツは妻にたたんでもらって、私はホテルに着くとすぐにハンガーにかける。

自分でたためる訓練をした方が良かったのだろうか?

でもそんな感じがしない。

母が伝えたかったことは「シワのないシャツ着ると、いいことあるよ〜。」だったんだと思う。

苦笑いだったけど、怒った顔ではなくて笑いながら言うから、あとで自分で気がついた時にヘタなりに考えようって気持ちになったんだと思う。

母は怒ってクドクドと伝えなかった。伝えたら仕方なしに、意味も分からず、嫌々シャツをたたむ訓練をしていたかも知れない。

そうすると、多分今の私はなかったと思う。何故やるんだろう?って考え続けるられる私は存在しなかった。

「やりたい」「考えたい」と思いつづけられる環境をつくるって、すごいことかも知れないな。

☆     ☆     ☆

ふと気がつくと、5km走っていた。頭よりも身体のしんどさの方に意識が行くようになってきた。

もう1km走って、今日は6km走って終わり。いい汗かいた😊

キースはまだ話し続けている。

「チューニングしてる最中に魔法は起こるのさ。」
「枠ばかり気を取られていたら見落としがちになる。」
「最も面白いことは枠の外側で起こることをね。」

 

俺たちも「ただいま、チューニング中」やな。

「手が届くようになったら」

すぐに最も面白いことが起こる😊

 


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

4/21-22 第1回帯広MG
5/5-6 TOC実務者コース (社内インストラクターコース)

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準
,

ゆずの日記 お伊勢さんで犬の私が幸せな場所

お伊勢さんでゆずと

ご主人は天気がええと突然遊びに行く!って言うクセがあるから、いつもどこ行くのん? って聞くんやけど、寒うなってきたこの時期はもうどこ行くかわかってるで。

そうや、お伊勢さんに行くんやね。お伊勢さん大好きな奥さんの誕生日に合わせて、すいている時期にお参りに行くんや。

せやけど今年はご主人と奥さんの様子が違うねん。いつもは松阪牛やら伊勢うどんやら赤福やら、食べることばっかり言うてるのに、今年はみょーにバタバタしてるねん。

「服装が悪かったら追い返されるそうやで!」
「喪服が一番間違いないって書いてあるわ。」
「Yシャツあったか? サイズ合わんのと違うか? ネクタイは?」
「黒い革靴、全然履いてないから白うなってんで、磨いとかな!」

「着替える場所はどこにもないってみんなブログで書いてるで。」
「そんなん、一日中正装してたら歩くのしんどいわ!どっかないん?!」
「最初の受付はどこ行ったらええねん?」
「わからんけど、とにかく行って聞いてみよ。」

どうやら昨年行った時にご夫婦はお伊勢さんの修繕費用を寄付をしたみたいで、それで正式参拝(御垣内参拝)っていうのができるようになったんやて。初めてでどうしてええかわからんから、ちょちょもうとる(大阪弁で動転して混乱してしまってる)みたいやわ。

さて出発。1日目はおかげ横丁だけ寄って志摩の犬OK宿に泊まるんや。翌朝、快晴の下でさっそうと礼服を来て出発。私は正宮の中に入られへんから、衛士見張所(えしみはりしょ)っていう入口の所で預けられて待ってるねん。

緊張しながら行ったみたいやけど、まあ何とかうまいこと行ったみたいで、ご夫婦ともに笑顔で帰ってきたわ。

「最初から入り口の受付に行けばよかったんやね。」
「外宮では誰も待ってなくて2人だけでラッキーやったな。」
「みんなに見られているから、ちょっと緊張したな。」
「ちょっと涙出そうになったわ。」

ご夫婦がいい笑顔やから私も待っていた甲斐があったわ。

でもそんなにいいところやったら、私もちょっとでいいから見てみたいなあ。

交通機関の発達していない昔はなかなか人間が行けないから、代わりに「おかげ犬」を代参させるってことがあったみたいやね。私もその時代やったら入れたんかなぁ。

今は外国からもたくさん来る時代やからなぁ。人間でいっぱいやし犬は当然入られへん。神様も大変やな。

でも大丈夫。

わたしは正宮に入られんでも、今年はもっとええ場所を見つけてん😊

今回は少し離れた駐車場に停めて五十鈴川沿いをずっと歩いて来たんやね。

「綺麗な水で気持ちええなあ。人も少ないし。」

ほとんどの人はお店がいっぱいあるおかげ横丁の方を歩くのでそっちは大混雑。川沿いを歩いている人は少ないんで、すいてるのが好きな私たちは横丁に出ずに、ずっと川沿いを歩いていったんやね。

内宮の橋が見えるくらいのところに来たら、少し広い河原があって、深い緑の綺麗な水の中に、鯉さんがいっぱい泳いでてん。

「ゆず、見てみ。綺麗な鯉がいっぱい優雅に泳いどるなぁ。」
「赤いのも白いのもいっぱいおるわ。」
「ここは気持ちが落ち着くな。」
「誰もおれへんし、伊勢神宮の穴場やな。」

わたしはね、「あ、ここに神様がおる」って思ってん。

だってね、綺麗な自然の中で、ご夫婦が力が抜けて落ち着いた笑顔になってて、私と一緒に遊んでくれるから、私も笑顔になるねん。

犬のわたしも一緒に家族全員が幸せな顔になるところは、神様がおるに違いないねん。

神様も本殿でたくさんの人にありがとうって言われて、ちょっと休憩する時にこっちに遊びにいらっしゃってるのかもしれんね。

わたしもご夫婦と一緒に神様にありがとうって言える場所ができたから、来年もまた来ようね。

お伊勢さん、今年もありがとう。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

4/21-22 第1回帯広MG
5/5-6 TOC実務者コース (社内インストラクターコース)

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準
, 好循環,

これからの消費は「金は天下の回りもの」

たくらみ銀行券

先日の「何故、器用は貧乏になるのか?」の記事で、金は天下の回りものと書きましたが、

ふと「天下」って何?って思っちゃったのです。

天の下って、どこからどこまでの範囲? 地球上全体のこと? それとも? っていうのが妙に引っかかったのです。

「天下」をネットで調べると、本当にたくさんのことが書いてあります。日本の場合、中国の場合、ベトナムの場合。。。歴史による推移。。。などなど。

この中で商売的なことで言うと、華僑の天下についての考え方がとても面白かったのです。

 

天下とは、顔の見えるコミュニティのこと

 

お金儲けが得意な華僑にとっての天下は、「大事な仲間」ということらしいです。
(一生お金に困らない「華僑」の思考法則:大城太著 日本実業出版社, 2013)

つまり華僑にとっての天下は、顔を知っていて、普段コミュニケーションをしている人。コミュニテイ。その中でお金をぐるぐる回すのだそうです。

大事な仲間であると、そこでお金を使っても「人の財布に貯めるお金」だと考えるということです。

そうでないお金は「死に金」。。。はっきりしていて、凄い考え方ですよね?

私が学んできた経営思想のTOCも「自然には矛盾がない」という考え方から、流れ、循環、和を尊びます。和の中で、お金が流れることを重視します。何か少しそれと一致してきました。

そういえば身近でそんなエピソードがあったことを思い出しました。

私がよくお世話になっていて無農薬のお米農家の中道農園さん。最近では無農薬無施肥の自然米も作ります。

写真は自然栽培米。農園さんはほとんど何もしていないのに、他のどの稲よりも茎が太くて元気でした。本当に信じられない。

私はお米はここから買っています。

昨年、園長の中道唯幸さんと座禅断食でご一緒した時に、彼は指導者の野口法蔵さんから講話をお願いされたました。ご本人はびっくりしていましたが、「自然そのもの」に常に対峙していらっしゃる中道さんのお話を私も聞きたいと思いました。

「お米はどこから買えばいいですか?」という質問が出ました。

こんな時普通は、無農薬の自信のお米をネット販売していますから、是非うちでお買い求め下さいと言いたくなるでしょう。私も品質を知っていますから、それを言っても十分納得できると思っていました。

しかし中道さんの答えは違いました。

「知っている人から買うのが一番だと思います。」

 

これってまさに、「お金は天下で回した方がいいですよ」ってことではないですか?

自然なお米を、顔の見えるコミュニティの人から購入する。お金はまた自然な流れで「天下」を回って、また自然な米を作る。

何て素晴らしい循環なんでしょう。

情報量が多くなってきたっていう現代は、情報が多すぎて混乱することももちろんありますが、そんな自然な循環に改めて気づくチャンスも多くなっているはず。

これからの消費は「天下の回りもの」的消費が増えるようになってくると感じています。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

4/21-22 第1回帯広MG
5/5-6 TOC実務者コース (社内インストラクターコース)

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準