,

ゆずの日記 2017年6月1日 何もしない

ゆずの散歩

「まあ、ゼロ期に戻ったような気持ちやな。」

ご主人の会社は今日で創業20周年なんやって。地元でローマ料理のお店を見つけたご夫婦は、そこでささやかにお祝い。

ご主人は子どもの頃からお祭りの中に入るのが苦手で、端っこで祭りを眺めながら友達と二人で話するのが好きな人やったらしい。だから会社が20周年でも100周年でも、別に大きなイベントをしようって気持ちが湧いてこないんやって。

今年はいろんな変化があったみたいで、ご夫婦のお話は仕事のことも家のことも、新しく始まったお話が多いわ。

「ゆず、最近僕が何やってるかわかるか?」
「ご主人のやってることは昔からようわからんわ。ご主人のお母さんもいつも言うてるやん。」

「そやろ。僕自身もようわからんねん。」
「そんでええの?」

「ええんちゃうかな。こうやってゆずと一緒に生きてるってことは。」
「。。。そう言われればそうやけど。」

白ワイン

「昨日もな、最初はお客さんと2人で夜に会食する予定やったんや。誰か他にお誘いしてもいいよって話やったけど、何となく ”何もせん” ほうがええような気がして、直前までわざわざ人数は増やさんかったんや。」

「そしたらな、前日になってその会食前に15年ぶりの人と会うアポイントができてな。ここでもう僕はキターッ!と思うたんやけどな。案の定、その話が長引いて会食するお客さんとかち合ってな。」

「そんでその人同士を紹介してお話してもらったら意気投合してな。そのまま3人で会食することになってな。もうそっからこんなおもろいことできるやん!の話ばっかりや。」

どうやらご主人の言いたいことは、想定とは全然違ったおもろいことが起こるんで、自分にはようわからんってことらしいわ。

「うちの研究開発って、人間のご縁の錬金術みたいなもんやな。」

またご主人が酔っ払ってわけのわからんこと言い始めたけど、横で奥さんが「ええ気を持った人たちが集まってきてるからな。」って笑ってる。

奥さんがそう言うんやったら、私も安心。心配ないと思うわ。

「ご主人、私がお祝いできるんやったら何がいい?」
「そうやな。何もせんのがええな。」

「何もいらないの?」
「そうやなくって、ゆずと何もせん時間があればええってことや。」

何もせんで寝てるのは私は得意やで。そんなことがにんげんって嬉しいんやね。やっぱりにんげんっておもろい動物やわ。

ローマ料理


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

12/12-13 大分MG
12/16-17東京 TOC実務者コース
12/28-29 水都大阪忘年MG
1/4 第2回子ども商店プロジェクト! in 小倉
1/5-6 小倉新年家族MG

1/13-14大阪 自律的集団への登竜門 指示ゼロ経営的TOC実務者コース
1/23-24 ヤマガタWeb研究会 特別事業 TOC研修
1/20-21 チーム創りに効く水都大阪MG
2/20水都大阪TOC 1dayセミナー
3/10-11 第5回松本MG
3/24-25 いちのせきMG

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準