被災地復興にTOC理論を活用

2011年3月11日に起こった東日本大震災。震災復興に様々な取り組みが行われていますがここでもTOC理論が大いに活用できると感じています。

特に初期の支援物資の流通や在庫の方法などは全体を見る視点一つでどれだけの命が救えるか?と考えると、TOC理論の普及に使命感を感じる程です。

ここでは岩手県釜石で被災したネットショップの支援活動にTOC理論と業務フローが大いに役立った事例をご紹介します。

 

地震後の津波で不幸にも女性店長が亡くなられたショップさん。私は1週間前にこの店長さんと大阪でお会いしていたので本当に信じられない気持ちが今でもなくなりません。

残された旦那様はこのネットショップのバックヤードを担当していましたが、大きな悲しみを乗り越えてショップを再興する決意を固めました。

このお手伝いこそ我々ができる支援、と考え私と2名のネットショップ専門家が4月28日〜30日の3日間の予定で「ショップ再オープン」を目標に岩手を訪問しました。

 

ここで最初の最初に行なったのが、会社全体の業務フローを書き出しボトルネックを特定するということです。

いわて花巻空港に到着するとすぐに飛び込んだのがホームセンター。業務フロー作成の模造紙と付箋、マジックをまず買い込みます。

支援者は精鋭の専門家ですが、専門的な改善事項が先行すると「部分最適」に陥ってしまい、ザ・ゴールであるショップの再開が3日間の時間内でできない可能性があります。

ここではまず全部の業務を大雑把に書きだしてどこを支援したらいいのか? = ボトルネックはどこか?を全員がしっかり把握する。出来上がった業務フローがこれです。

flow1

左ができて初めて右ができる。上ができて初めて下ができる。このように業務の従属性を大雑把に整理します。

一見してフローの矢印が集まる場所が2ヶ所ありました。まずは仕入れのルート。3つあるうちの一番長いルートがオリジナル商品の制作入荷のフローで、実は重要な商品。しかし部品の仕入先5社を店長さんが担当していたので連絡先がわからない。

商品がないと後ろの業務は全く意味が無い!ということで4月28日ゴールデンウィーク前の平日、電話をかけまくって何とか商品ルートを通すことができました。

次に大きなボトルネックが販売の上から2番目、明らかに細くなっている場所があります。

これは作ったウェブコンテンツをネット販売のシステムに掲載するという業務。これも亡くなった店長さんが行なっていました。

1日目はフローの制作と商品ルートの確保に費やしましたので2日目の作業は決まりました。この販売システム掲載方法の研修とコンテンツ制作支援に全精力を傾けることです。

2日目は全体を見る役目の私は、作業としてはほぼ何もなし。ここでは余計なことをしないで横で再開後の計画に入ります。

研修・作業は2名の精鋭専門家が素晴らしい勢いで行い、どんどんウェブページが変わっていって午後3時頃には商品をアップして注文が入り始めました。

2日目にして支援完了。十分自分の足で立って頂くだけの基礎は出来上がりました。

3日目は予定があいたので、被災地に入ることにし店長さんに手を合わせてこれからの支援の決意を新たにしました。

 

繰り返し書きますが、TOCの全体最適という考え方は多くの命と生活を救うものだと私は実感しています。


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

7/29-30東京 TOC実務者コース
8/1-3大阪 指示ゼロ経営合宿
8/5-6 第1回宇都宮MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
8/7 第1回子ども商店プロジェクト! in 山形鶴岡 琴平荘
8/18-19 第3回水都大阪MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
8/22 自発性と創造性が高まる賃金・賞与の決め方セミナー
8/23【第2回:生産性アップ編】あなたの事業が超加速するデジカメセミナー
8/24 「未来を創造するプライシング」 魂のプライシング実践講座
8/26-27 第3回松本MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
9/14-15 第2回気仙沼MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
11/11-12熊本 TOC実務者コース(免許交付可能セミナー)
11/18-19 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]


標準