,

ゆずの日記 お伊勢さんで犬の私が幸せな場所

お伊勢さんでゆずと

ご主人は天気がええと突然遊びに行く!って言うクセがあるから、いつもどこ行くのん? って聞くんやけど、寒うなってきたこの時期はもうどこ行くかわかってるで。

そうや、お伊勢さんに行くんやね。お伊勢さん大好きな奥さんの誕生日に合わせて、すいている時期にお参りに行くんや。

せやけど今年はご主人と奥さんの様子が違うねん。いつもは松阪牛やら伊勢うどんやら赤福やら、食べることばっかり言うてるのに、今年はみょーにバタバタしてるねん。

「服装が悪かったら追い返されるそうやで!」
「喪服が一番間違いないって書いてあるわ。」
「Yシャツあったか? サイズ合わんのと違うか? ネクタイは?」
「黒い革靴、全然履いてないから白うなってんで、磨いとかな!」

「着替える場所はどこにもないってみんなブログで書いてるで。」
「そんなん、一日中正装してたら歩くのしんどいわ!どっかないん?!」
「最初の受付はどこ行ったらええねん?」
「わからんけど、とにかく行って聞いてみよ。」

どうやら昨年行った時にご夫婦はお伊勢さんの修繕費用を寄付をしたみたいで、それで正式参拝(御垣内参拝)っていうのができるようになったんやて。初めてでどうしてええかわからんから、ちょちょもうとる(大阪弁で動転して混乱してしまってる)みたいやわ。

さて出発。1日目はおかげ横丁だけ寄って志摩の犬OK宿に泊まるんや。翌朝、快晴の下でさっそうと礼服を来て出発。私は正宮の中に入られへんから、衛士見張所(えしみはりしょ)っていう入口の所で預けられて待ってるねん。

緊張しながら行ったみたいやけど、まあ何とかうまいこと行ったみたいで、ご夫婦ともに笑顔で帰ってきたわ。

「最初から入り口の受付に行けばよかったんやね。」
「外宮では誰も待ってなくて2人だけでラッキーやったな。」
「みんなに見られているから、ちょっと緊張したな。」
「ちょっと涙出そうになったわ。」

ご夫婦がいい笑顔やから私も待っていた甲斐があったわ。

でもそんなにいいところやったら、私もちょっとでいいから見てみたいなあ。

交通機関の発達していない昔はなかなか人間が行けないから、代わりに「おかげ犬」を代参させるってことがあったみたいやね。私もその時代やったら入れたんかなぁ。

今は外国からもたくさん来る時代やからなぁ。人間でいっぱいやし犬は当然入られへん。神様も大変やな。

でも大丈夫。

わたしは正宮に入られんでも、今年はもっとええ場所を見つけてん😊

今回は少し離れた駐車場に停めて五十鈴川沿いをずっと歩いて来たんやね。

「綺麗な水で気持ちええなあ。人も少ないし。」

ほとんどの人はお店がいっぱいあるおかげ横丁の方を歩くのでそっちは大混雑。川沿いを歩いている人は少ないんで、すいてるのが好きな私たちは横丁に出ずに、ずっと川沿いを歩いていったんやね。

内宮の橋が見えるくらいのところに来たら、少し広い河原があって、深い緑の綺麗な水の中に、鯉さんがいっぱい泳いでてん。

「ゆず、見てみ。綺麗な鯉がいっぱい優雅に泳いどるなぁ。」
「赤いのも白いのもいっぱいおるわ。」
「ここは気持ちが落ち着くな。」
「誰もおれへんし、伊勢神宮の穴場やな。」

わたしはね、「あ、ここに神様がおる」って思ってん。

だってね、綺麗な自然の中で、ご夫婦が力が抜けて落ち着いた笑顔になってて、私と一緒に遊んでくれるから、私も笑顔になるねん。

犬のわたしも一緒に家族全員が幸せな顔になるところは、神様がおるに違いないねん。

神様も本殿でたくさんの人にありがとうって言われて、ちょっと休憩する時にこっちに遊びにいらっしゃってるのかもしれんね。

わたしもご夫婦と一緒に神様にありがとうって言える場所ができたから、来年もまた来ようね。

お伊勢さん、今年もありがとう。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

4/21-22 第1回帯広MG
5/5-6 TOC実務者コース (社内インストラクターコース)

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準