,

ビジネスって考えは退屈でさ。

hydepark-stones

2013年7月6日。何故今日また来るハメになったんだ。たった2ヶ月前に来たハイドパークに。

もちろんあんたに会いに来るためなんだが。2ヶ月前は99%会えるとは思っていなかった。それほど、ほとんど望みのない状態だったんだよ。

でもタイミングが変わると、1%って100%になるんだな。誰がそうしたかはわからないけど。

あんたは「ビジネスって考えは退屈でさ」と言った。

ビジネスマンとしての俺にはショッキングだった。あんたは、周囲の誰よりも間違いなく世界で大成功しているからだ。

コパカバーナビーチで150万人だったか?子供からおじいちゃん、おばあちゃんまでがあんたと一緒にエキサイトしてハッピーな時間を共にしている映像を見ると

「世界平和とかいうやつは、こうやるんだったか?」と言われているような気がしたもんだ。

違うんだよ。根っこの部分が。自分がやってこなかったことなんだ。自分の人生とかやり方がいいとか悪いとかいうより何か本当にシンプルなことが、根本的に違うんだ。

あんたのことはずっと前から名前だけは知っていた。しかし本当に興味を持ったのはたった9ヶ月前だ。

あんたは「ヘタ」で有名だった。あんたのようにヘタにやって格好がつくならそのやり方を真似ればいいと思った。

しかし真似しているうちにわかるんだ。そのヘタさ加減たるや、とんでもない。

ちょうど44年前の1969年7月5日。まだ俺が3歳の頃のあんたの映像を見た。このハイドパークで空前絶後の調子の狂ったパフォーマンスを25万人に対して見せつけていた。

44年経って、50周年だとか言って、69歳になって、またやるのか。そしてみんながそのヘタさをもう一度見たいと言う。

いつ死んでもおかしくないと言われ続けたあんたが何故誰よりも長く人を楽しませ続けらたのか。ビジネスは退屈だと言っているあんたが何故誰よりも成功しているのか。

答えはもうあんたは言ってくれた。でも言葉を聞いただけではわからないんだな。ちゃんと目の前で、身体全体で感じると初めて少しでもわかるような気がするんだ。

44年前、あんたの相棒ミックは言った。

「このハイドパークには楽しませてくれという観客は来ていない。自ら俺たちと一緒に楽しもうとしている。それがライブだ。」

キース・リチャーズ、今夜あんたに会いに来た。俺が生きて来なかった人生を生きてきたあんたに。

ミック、ロニー、チャーリー、そして天国のブライアンと共に楽しもう。俺は、身体全体で感じる準備ができている。


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

9/5 「誰でもアイデアが必要な時に出せる」アイデア理論 1dayセミナー
9/14-15 第2回気仙沼MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
9/21 脱人材不足 自発的な人財を集める採用術セミナー
10/14-15大阪 TOC実務者コース
10/21-22 第2回宇都宮MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
10/25.26 ヤマガタWeb特別事業 MG
11/11-12熊本 TOC実務者コース(免許交付可能セミナー)
11/18-19 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
11/21-22 第4回松本MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
12/16-17東京 TOC実務者コース

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準