シンプル, 好循環

業務拡大のため、事業所を縮小?!

業務拡大したら、縫製工場が一つなくなった!

意味がわかりますか? 業務拡大って言うと、事業所も大きくなるって自動的に想像してしまうのですが、現代のイケてる企業では逆のことが起こってしまうのです。

岩手県の京屋染物店さんは、2年前にTOC研修をさせていただいてから2〜3ヶ月に一度訪問していますが、毎回事業所の様子が変わってしまっています。写真でその様子をお見せしましょう。

京屋染物店さんの事業所は3箇所ありました。店舗と染工場・デザイン事業所、そして縫製工場。

こちらのおしゃれな建物の左の入口を入ると染めの工場。

右の入り口を入ると2階にデザイン部があり、

1階は主に在庫が主に置かれていました。

しかし昨年末に行ったら、京屋の皆さんがニヤニヤしながら2階に案内してくれるのです。

へ? デザイン部がなくなってる? モヌケノカラ?!

「デザイン部、どこ行ったんですか?」
「向かいの店舗の1階と2階に移動させましたよ(^-^)」

これまでのいらないものを整理したり、TOC効果で在庫を縮小したりできたので、店舗を整理するとデザイン部がそのままお店に移れたそうです。

おー、これでお客様のご要望を直接受ける店舗とデザイン部が合体したので、コミュニケーションと業務の流れが良くなりますね。

そして今年の3月。またニヤニヤするスタッフさんとともにモヌケノカラだった2階に上がると、今度は人がぎっしり?!

「縫製工場をこっちに移しました!」

何と! 以前縫製工場は一つだけ離れていて歩いて5分くらいの場所にありました。

このような玄関があり、

中では染め物の検品場所があり

熟練の縫製のスタッフさんが心を込めて商品を縫い上げていきました。

しかし、どうしても場所が離れているので、染め部門とデザイン部門、店舗とのコミュニケーションが取りにくくなります。

だから縫製工場も一気に以前デザイン部があったところに移動した! というのです。

これで縫製工場の場所がまるまるなくなりました。場所の縮小!

しかし働いている人員と業務量は以前より増えています。それはこのような様子が現実になったから。

染め部門、縫製部門、デザイン部門の3者が寄り集まって相談をしています。この場面が今までなかった。

しかし現在はすぐに意思疎通できるようになったので、業務の流れが圧倒的にスムーズになったのです!

在庫も減ったので、1Fの在庫のあった棚を切ってしまって(^-^; デザインの仕事をするスペースもできちゃった。

「今日の京屋は、昨日の京屋ではない。」 今や社内全員の合言葉になっている京屋染物店さんから目が離せません。


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

【全4回】 魂のプライシング実践講座 第1期
6/16大阪 指示ゼロ経営ショートセミナーin大阪
6/17 絵に描いた餅(理念・ビジョン)を美味しく食べられる餅にする ”マスマスTOC” ワークショップ
満席御礼 6/19松本 TOC 1dayセミナー
7/1-2大阪 TOC実務者コース
7/4-7/5 第1回気仙沼MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
7/18-19 第1回富士山MG 就活学生応援の無料参加枠3名あり
7/22-23 第2回水都大阪MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
7/29-30東京 TOC実務者コース
8/1-3大阪 指示ゼロ経営合宿
8/5-6 第1回宇都宮MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
8/18-19 第3回水都大阪MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり
8/26-27 第3回松本MG 夏休み学生応援のペア無料参加枠5名あり

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]


標準