,

ボーダーを越える共通言語

共通言語MG1

「私は、楽天市場で売っている皆さんは共通のプラットフォームと言語があって、話が早くていいな!と思っていました。」

これまであまり深い交流がなかった楽天市場の有名店さん6名(うちJ-FECメンバーさん5名)が初参加された土日のMG研修。そこに独自ネットショップを昔から運営しており、かつMGもベテランの方々が駆けつけた。

「今日はECの流れがショップ側から大きく変わり始める日」と確信していた私は、いつもは10分で終わる冒頭のお話を大幅に延長し「何故MGをやるか」を時間をかけてお伝えしようとした。

「独自でやっているショップさんは、まず共通点を探し出すことから始めないといけませんでした。制作は?広告は?決済は?物流は?カートは?。。。などなど」

しかしネットとリアル、国と国とのボーダーを比較的自由に行き来するようになってきたこの時代。「EC」「ネットショップ」を越える次世代の共通言語が必要だ。世界の人にも通じる、リアルもネットも関係なく永く使える共通言語が。

「私はこの研修は学校教育になると思っています。」

最近研修をやっていると、英語や中国語のような外国語を学んでいるような気持ちになってくることがある。しかし限られた地域で通じる言語ではなく、もっと国を超えた簡単明瞭で誰が言っても同じものを指している共通言語が欲しい。

社内の人にはチームビルディングに役立ち、社外の人とはパートナーシップ構築に役立ち、家族でも地域社会でも行政でも共通のものさしが持てる言語である。

最もわかりやすいのは数字だが、決して数字だけではない。環境整備、名簿の並べ方、日付の書き方、文字や図の示し方、机の配置の仕方、声の出し方、自己紹介の仕方。全て伝える、伝わることを念頭に置いている。そして共通言語を使ってベテランが初心者に教え合う、相手のことを考えようと努力する。これも相手のためのみならず、自分を深めるためにもやっている。

MGやその他の研修で全てをカバーできるとは思っていない。しかし世界の共通言語になる可能性があるなら、そこがボーダーを越えるきっかけになるなら、絶対に使いたい。

共通言語MG2

私はサラリーマンの家から独立した。おかげさまで今は長年、いや何百年もご商売をされている家の方とたくさん出会う。そんな方々の価値を生み出す力、儲けどころに対する嗅覚(というより自然に儲けてしまう在り方)には全く敵わないとずっと思っている。

だからこそ自分が出来る方法でそこに近づきたいし、わかりたい。自分も少しはできるようになりたい。

それ以上に自分が役割と感じているところは、天才的な嗅覚を持つ人は、それを他人に伝えるのが容易ではないということだ。非言語的な「経験」とか「勘」と言われるところを、まだそれを持っていないスタッフやパートナーと一緒に経験する場をたくさん持ち、もっと伝えてもらう言語を持ってほしいと思う。

伝わらないと思っていたことが伝わった時、大きなやりがいと喜びを感じる。

言語を学ぶのは、もちろん簡単ではない。最初は苦しい。しかし誰かに伝わると楽しくなってくる。日常的に使うと、話せる相手が増えてくる。もっと楽しくなってくる。

そして楽しく価値を生み出せることは世界に広がる、次の世代に広がる。そうなった時に初めて本当に「共通言語」と言えるものになる。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

12/12-13 大分MG
12/16-17東京 TOC実務者コース
12/28-29 水都大阪忘年MG
1/4 第2回子ども商店プロジェクト! in 小倉
1/5-6 小倉新年家族MG

1/13-14大阪 自律的集団への登竜門 指示ゼロ経営的TOC実務者コース
1/23-24 ヤマガタWeb研究会 特別事業 TOC研修
1/20-21 チーム創りに効く水都大阪MG
2/20水都大阪TOC 1dayセミナー
3/10-11 第5回松本MG
3/24-25 いちのせきMG

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準