,

和み力

祭りの和やかな笑顔

好きなことをやる! 楽しくやる! 遊ぶ!

そんな人はたいてい何事もうまく行っている。「好きなヤツには敵わない」というのは、特にネットで独立した当時から凄く感じていたことだ。私も楽しむことにかけては結構自信がある。

一方、それだけでは表現しきれない10%程度の何かを長年感じていた。

夏。各所で花火が上がり、祭りが行われている。小さい頃から私は祭りで踊っている人の輪にはあまり入らなかった。

ほんの僅かだけども、何か心から楽しめない感じがしていたからだ。端っこに居る友達と並んで座って、祭りを眺めながらゆっくりと話すのが好きだった。

そこには、和やかな笑顔があった。大笑い、大騒ぎよりもそちらの方が好きだった。

笑う。にこやかに笑う。

笑うけど、楽しくないこと、嫌なこと、困ったこと、苦しいことを置き去りにはしていない。何もかも忘れてただ楽しむということが不得意だった。ただ大笑いしているだけでは、マイナスことはそのまま変わらず祭りの後も残っているような気がしていた。

そんなマイナスのこと達もちゃんと覚えていて、それでも楽しく居られることにありがたいなあと思う。マイナスのことにも正面から向き合おうと思う。起こっていることに意味があると感謝しようと思う。話してくれる友達がいることにありがたいと思う。

「ありがとう」という気持ちと共に、和やかな笑顔が溢れる。

和を創造する感謝の心、「和み力」がもっと世の中に溢れますように。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

4/21-22 第1回帯広MG
5/5-6 TOC実務者コース (社内インストラクターコース)

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準