ネガティブ・ワーク

心理的限界を上げる方法。

「ネガティブ・ワーク」と言っても「否定的な仕事」ではない。自分の可能性を広げるのに重要な方法である。これは筋力トレーニング用語なのだ。

大学4年間「バーベル部」というマニアックなクラブに所属していた。何度となく「ネガティブ・ワーク」を取り入れて記録を伸ばした。

例えば私がベンチプレス(ベンチに寝転がって、胸の上でバーベルを挙げる)で、1回だけ挙上できる最大重量が100kgだったとしよう。

その時には90kgを3回挙げるとか、80kgを7回挙げるとかのトレーニングを通常は行う。そして、90kgが4回とか5回とか挙げられるよう努力する。「挙げる」ことは「ポジティブ・ワーク」と呼ばれる。

ところが、ポジティブ・ワークだけやっていると伸びが止まる時がある。

そんな時は、「下げる」トレーニングをする。110kgとか、115kgとか、要するに「絶対に挙がらない重量」をわざと扱ってみる。

挙がらない重量を、 押しつぶされそうになるのを耐えながら抵抗しながら、超スローで下ろしてくる。挙げる時は、パートナーにほんの少しの力で手伝ってもらう。

このあと、自分のこれまでの「最大記録」を持ってみると、何と軽く感じることか!筋力が伸びると同時に、「心理的限界」を上げることができる。

心理的限界のため、人間は本来の筋力の70%ほどしか出していないと言われている。。。。

仕事にもたまに「ネガティブ・ワーク」を取り入れると、必ず面白いことが起こってくる。自分を時には「限界以上」の場所にわざと置くのだ。

注意!

・「たまに」行うのがよい。「常に」行うと、筋肉は逆に壊れる。同じ様に、心理的にも「燃え尽き」を起こす。
・限界をはるかに超えた負荷で行わないこと。即座に病院行きとなる。


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

11/18-19 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
11/21-22 第4回松本MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
12/2-3 第5回水都大阪MG 学校法人・塾関係者の方ペア参加1名無料
12/12-13 大分MG 学生応援のペア無料参加枠3名
12/16-17東京 TOC実務者コース
12/28-29 水都大阪忘年MG 家族参加は1名無料!
1/4 第2回子ども商店プロジェクト! in 小倉
1/5-6 小倉新年家族MG 家族参加は1名無料!
2/20水都大阪TOC 1dayセミナー

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準