OSが変わった

tree-400x300

世の中の流れが変わったと感じるので自分自身を動かすOSを入れ替えています。

OSとは言うまでもなくMacOSやWindowsのように本体を動かす基本システムのこと。

私が現在コンピューターで主に使っているOSはMacOSやiOSです。最初のOSがLC575のMacだったからなのですがある時期Macが不安定でWindowsを使っていたこともあります。

しかし再びMacOSを使うようになったのは、ある時期からMacがWindowsをインクルード(包含)し始めたからです。

Macbookが登場した時、その中にWindowsがインストールできると知った時の驚きは忘れません。Windowsが1アプリケーションとなってしまった。もうWindowsだけが使えるマシンを使う必要はない。

これまでの15年、私のOSは「ネットビジネス」でした。しかしこれは現在ではExcelやWord、SafariやKeynoteのような「アプリケーション」レベルです。

今の世の中の流れに沿うしなやかなOSは何だろうか。いろんな思想や理論が、言葉は違えど究極的には同じようなことを言っていると感じる中で最も自分にすっきりと言葉が入り、柔軟性があり、一貫して世界に伝えやすいOSは何だろうか。

人によっていろいろな選択肢があっていいと思いますが、まず私は自分のOSに「TOC」を選びました。(その後「シンプル」に進化しつつあります)

 

TOCを選んだ理由は、他の理論と大きく対立することが少なくドラッカーやトヨタ生産方式、多くのプロジェクト管理やマーケティング理論などとも仲良く融和する包含性を持っていること。

また、現代の「余計なモノを持たない」「所有権から使用権(阪本啓一氏)」の流れの中でその実現が最も得意なOSでもあること。

私のベースになっている心理学や合氣道にも共通点が多々あること。

そして、何よりもこれから開拓されていくネットビジネスの分野にも効果が出ていること。

 

TOCは私にとっては新OSでありますが既にいくつかのアプリケーションを持っています。

小売業に有効な分野は。。。
・思考プロセス(特に市場変動に柔軟に対応するために有効)
・DBM(ダイナミック・バッファ・マネージメント)

製造販売に有効な分野は。。。
・DBR(ドラム・バッファ・ロープ)
・S-DBR(シンプリファイドDBR)

デザイナーやプログラマーに絶大な効果がある分野は。。。
・CCPM(クリティカル・チェーン・プロジェクト・マネージメント)

IT業界は私の得意分野ですがTOCでは未開拓の分野がほとんどです。

Amazonを始め、多くのECが物流への投資を加速していく中でIT時代のサプライチェーンというものも今後出来上がってきます。

未体験ゾーンでも新しい価値を継続的に生み出して行くためにこれからも現場をその解を求めに行こうと思います。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

4/21-22 第1回帯広MG
5/5-6 TOC実務者コース (社内インストラクターコース)

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準