,

ゆずの日記 2017年6月1日 何もしない

ゆずの散歩

「まあ、ゼロ期に戻ったような気持ちやな。」

ご主人の会社は今日で創業20周年なんやって。地元でローマ料理のお店を見つけたご夫婦は、そこでささやかにお祝い。

ご主人は子どもの頃からお祭りの中に入るのが苦手で、端っこで祭りを眺めながら友達と二人で話するのが好きな人やったらしい。だから会社が20周年でも100周年でも、別に大きなイベントをしようって気持ちが湧いてこないんやって。

今年はいろんな変化があったみたいで、ご夫婦のお話は仕事のことも家のことも、新しく始まったお話が多いわ。

「ゆず、最近僕が何やってるかわかるか?」
「ご主人のやってることは昔からようわからんわ。ご主人のお母さんもいつも言うてるやん。」

「そやろ。僕自身もようわからんねん。」
「そんでええの?」

「ええんちゃうかな。こうやってゆずと一緒に生きてるってことは。」
「。。。そう言われればそうやけど。」

白ワイン

「昨日もな、最初はお客さんと2人で夜に会食する予定やったんや。誰か他にお誘いしてもいいよって話やったけど、何となく ”何もせん” ほうがええような気がして、直前までわざわざ人数は増やさんかったんや。」

「そしたらな、前日になってその会食前に15年ぶりの人と会うアポイントができてな。ここでもう僕はキターッ!と思うたんやけどな。案の定、その話が長引いて会食するお客さんとかち合ってな。」

「そんでその人同士を紹介してお話してもらったら意気投合してな。そのまま3人で会食することになってな。もうそっからこんなおもろいことできるやん!の話ばっかりや。」

どうやらご主人の言いたいことは、想定とは全然違ったおもろいことが起こるんで、自分にはようわからんってことらしいわ。

「うちの研究開発って、人間のご縁の錬金術みたいなもんやな。」

またご主人が酔っ払ってわけのわからんこと言い始めたけど、横で奥さんが「ええ気を持った人たちが集まってきてるからな。」って笑ってる。

奥さんがそう言うんやったら、私も安心。心配ないと思うわ。

「ご主人、私がお祝いできるんやったら何がいい?」
「そうやな。何もせんのがええな。」

「何もいらないの?」
「そうやなくって、ゆずと何もせん時間があればええってことや。」

何もせんで寝てるのは私は得意やで。そんなことがにんげんって嬉しいんやね。やっぱりにんげんっておもろい動物やわ。

ローマ料理


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

9/5 「誰でもアイデアが必要な時に出せる」アイデア理論 1dayセミナー
9/14-15 第2回気仙沼MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
9/21 脱人材不足 自発的な人財を集める採用術セミナー
10/14-15大阪 TOC実務者コース
10/21-22 第2回宇都宮MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
10/25.26 ヤマガタWeb特別事業 MG
11/11-12熊本 TOC実務者コース(免許交付可能セミナー)
11/18-19 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
11/21-22 第4回松本MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
12/16-17東京 TOC実務者コース

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準

利益倍増計画からたどり着く創造的経営

松本MG

松本MGでは会計士の相馬裕晃さんに習った方法で利益感度分析を応用した「利益倍増計画」をお伝えしてみました。

とても皆さんの反応が良かった😊 相馬さん、ありがとう!

利益倍増計画

1,固定費(F)を何%下げればよいか?
2.お客様数(Q)を何%上げればよいか?
3.原価(V)を何%下げればよいか?
4.価格(P)を何%上げればよいか?

数字は 1>2>3>4 となる。つまり固定費を下げる比率は一番大きくて大変。逆に価格を上げる%は消費税以下で簡単に見える。

その数字を実現するために、リアルの事業での具体的な方法はどうする?と30秒くらい考えてもらう。

。。。ここが面白い。

考えたことをシェアしてもらうと、固定費を下げる案は

・役員報酬を減額する
・人員削減する

などというキツイ案しか出てこない。経費をちょっとばかり節約しても、とても実現できる数字ではないからです。

原価を下げる案も同様。要するに取引先を叩く、変更するってことが多くなるので、発表している人の顔も暗くなるばかり。

しかし、価格を上げる方はかなり現実的。

「そのままできそうです。」
「消費税値引きをやめればOKです。」
「この条件が整えばできそうです。」

っていう前向きな発表が多くなります。

数字ってモノサシがこんな形で役立つと嬉しいな、と思いつつ。。。

もう一歩深く考えてみます。

松本MG2

では価格アップには、実際にどんな条件が必要なのか?

本当に価格アップをしようとすると、MGでもリアルでも多くの場合「固定費アップ」が欠かせないように思う。特に人員と研究開発費。

実は、人件費と稼ぎは面白いまでに比例するという研究もある、最近はアメリカでは社員全員の給料を7万ドルにまで段階的に引き上げると、そのまま業績に現れたという企業もあります。

事例:CEOもヒラ社員も同額の7万ドル! 「最低年収」を激増させた企業の快進撃

多くの場合、人材と研究開発が充実してから価格アップが実現する。

そうであれば。。。この分析の結論は?

「利益倍増のためには、固定費を下げるのではなく、アップする」

という面白い結論にもなるかも知れませんね😊

 

では、30秒考えてみましょう。「固定費を上げるためには、具体的に何をしますか?」

 

私はここから、社員さん一人一人の顔が浮かんでくることが多いように思います。

「あの商品に開発費をかけると面白いことになりそうだな。開発者もやりがいがでてくるだろう。」
「あの新入社員には、この基礎研修を受けさせてやりたいな。」
「小さいお子さんのいる女性が働きやすい環境を創るにはどうしたらいいだろうか?」
「やっぱり、あれだけ頑張ってくれているみんなの給料をアップしたいよな。」

みんなが笑顔で働けるようになるには。。。。? こちらに気持ちが向いた会社には、どんなことが起こるだろうか。

人と人とが話を始め、知恵が発揮され、創造力が発揮され、いい商品といい会社につながっていくようなイメージがどんどん湧いてきます。

理論を考え尽くした後にたどり着くのは、人間的、創造的経営かも知れません。

→ 創造的経営を創る「魂のプライシングセミナー」は、6/9より開催。


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

9/5 「誰でもアイデアが必要な時に出せる」アイデア理論 1dayセミナー
9/14-15 第2回気仙沼MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
9/21 脱人材不足 自発的な人財を集める採用術セミナー
10/14-15大阪 TOC実務者コース
10/21-22 第2回宇都宮MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
10/25.26 ヤマガタWeb特別事業 MG
11/11-12熊本 TOC実務者コース(免許交付可能セミナー)
11/18-19 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
11/21-22 第4回松本MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
12/16-17東京 TOC実務者コース

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準
好循環,

スタッフさんが急に値上げに賛成しだしたワケ

「自分の首を締めるだけなんだけどな〜。何でみんな反対するのかなぁ。」

合宿研修で、女性スタッフさん3名を抱える社長さんがこう言いました。何に反対しているかですって? そりゃもう「値上げ」の話ですよ。

通販で宅配便の料金も上がった。原価も上がった。頑張っていい商品も作っている。社長さんは数字的にはこのままの値段で行くと、あるいは値下げすると、会社がどんどん悪くなると思っています。

しかし、スタッフさんはなかなかわかってくれません。

こんな状況、たくさん聞くようになりました。もちろん、安くすればもっと数が売れるという意見もあるでしょう。そこで数字で理論的に社長が「値上げするとこうでね、値下げするとこうでね」って説明するかも知れません。

でも、もっと違う理由があるようです。単純に言うと、スタッフさんは

「値上げすると、自分の首を締める。」

社長とは逆のこんな不安を持っているように見えます。

私も共感が足りない!って妻に怒られますが(^-^; 女性は共感社会と一般には言われますね。男性は古来、マンモスを狩っていた時代から「解決策」を求めるけど、女性は共感でコミュニティを作るって話です。

確かに「安くて良かったよね〜!」って共感する場面は多いけど、「高くて良かったね!」って共感する場面はそう多くない。これは大阪人的感覚?

そうすると、接客現場に近い位置に居れば居るほど、お客様との距離が近ければ近いほど、心理的抵抗感は大きいのではないでしょうか? お客様! いい商品になったから値上げしたんですよ! いいでしょ! って、そりゃまあ言えるわけもない(^-^;

「共感されていない」と思うお客様に対して、なかなか堂々とはできないかも知れませんね。

。。。しかし、そんな状況を、たった1つの行動が変えてしまいました。

☆     ☆     ☆

「今日、スタッフ全員に決算書を公開しました。」

うぉ! 最もハードルが高いことを帰ってすぐやってしまった?!

「どの位の利益が出ると幾らボーナスが増えるかの計算方法も教えました。なんだか、スタッフみんなの目の輝きが違います^^」

指示ゼロ経営のための合宿だったのですが、その中で話し合われていたことがありました。

「意思決定に必要な情報の公開度と、指示ゼロ度は比例する。」

価格設定もそうかも知れませんね。価格を変えることによって自分達がどうなるのか? それが見えなかったり、社長の胸ひとつだったら、なかなか勇気を持って変更できないのも想像に難くありません。

しかし、それがよく見えるとどうでしょう。

「スタッフの意識が私に向かずに売り上げやお客様満足度に向かっているのが嬉しいです。」
「一番嬉しいのは、” もっと高く売ろうよ” と言った時に、みんな喜んで賛成してくれることです^^」

こんなにまで変わるんですね〜。

もしかしたら、共感の方向も変わったのかも知れませんね。「私達がうまくいくと、お客様にも元気を届け続けられる!」

行動したら、自分達が良くなる。価格設定には、そう思える環境も大きな要因ですね。

 

→ 魂で行う値付けを学ぶにはこちら 【全4回】 魂のプライシング実践講座 第1期

 


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

9/5 「誰でもアイデアが必要な時に出せる」アイデア理論 1dayセミナー
9/14-15 第2回気仙沼MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
9/21 脱人材不足 自発的な人財を集める採用術セミナー
10/14-15大阪 TOC実務者コース
10/21-22 第2回宇都宮MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
10/25.26 ヤマガタWeb特別事業 MG
11/11-12熊本 TOC実務者コース(免許交付可能セミナー)
11/18-19 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
11/21-22 第4回松本MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
12/16-17東京 TOC実務者コース

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準