デザイン, ,

アーティストのチーム制を学ぶ

「人生に必要なものは全てゴルゴ13で学んだ」と言ってしまうくらいゴルゴ13好きな私は、連載50周年記念展を見逃すわけにはいかない!

今日が最終日! ってことで、たくらみベースでのミーティングが終わってから久しぶりの天保山へ。

さいとうたかを氏の製作映像や貴重な原画はファンには楽しい😊

私が最も見たかったのは、漫画家というアーティストであるさいとう氏が、一人で全部やらずにプロダクションでやるという「分業」の様子。

これが50年続いた大きな理由だと思うからです。

まずさいとう氏に上がってくるのは脚本。ストーリーから大きなコマ割りをし、ゴルゴをはじめとした登場人物が、顔も描かれない状態で、輪郭だけ描かれてチームに渡されます。

ワークスペースにはさいとう氏以外に合計9個の机があります。そこでスタッフさんがそれぞれのシーンを描いています。

さいとう氏はゴルゴの眼を描いている映像がありましたが、服や他の登場人物、風景などはほぼスタッフさんがやっているようです。

「機械は全部君が描いたらどうだと言われて、アーティストとしても世界的な漫画でチャレンジするやりがいがあります。」とはスタッフの言葉。

アーティストは数字ではワクワクしないけど、やっぱり響くのはチャレンジなんだなーって感じます。

そんなチャレンジの機会が多い場所を創り続けたいな😊

アーマライトM16を構えてゴルゴ気分になって会場を後にしました。

出口ではみんなゴルゴになってたな。

「俺の後ろに立つな😎」


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

たくらみ屋主催共催イベント
TOCセミナー一覧
家族MG一覧

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準
たくらみ, ,

子ども商店プロジェクトをやる理由

柳沢 昭アニキの息子、小学5年の匠飛(たくと) くんが米澤 晋也に説教してる。

「なんで俺に向かって来ないんだー! 何を遠慮してるんだー! 俺、つまんなくなっちゃったよ。」

松本MG、経営シミュレーションゲームでの話だけどね😊

子どもに言われるとすっごい効くんだよね。肩書きとか関係ないもんね。大人がこんなに怒られることってとっても貴重。

これが子ども商店プロジェクトをやる理由。

マツモトスマートウィート

懇親会終えた後の1人クラフトビール。向こうの3人グループが仕事の話をしている。

「売上が上がっても利益が上がってないとどうしようもないんですよねー。」
「利益率の高い商品が売れてくれた方がいいんですよね。」

「そのためにお勉強会をするわけだ。」
「でも何売って良いかは分かんないよねー」

「そこはトップダウンで。」
「正直、何でその商品って言ったら社長の押しだからって。そういうことよね。」

言いたいことはいっぱいあるこんな会話。でも私が言うよりも、この人たちの大切な人が言う方が面白い世の中になるだろう。

それも、子ども商店プロジェクトをやる理由。

やっと松本のビールにありつけた😊


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

たくらみ屋主催共催イベント
TOCセミナー一覧
家族MG一覧

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準
,

忘れ物の特技はイリュージョンのレベルに

いやー、アブナカッタ^_^;;;

駅のコインロッカーに旅の荷物を入れてトレーニングに行く。帰ってきてロッカーの鍵を開ける。

。。。。。。。空っぽ?! 荷物がない!!

10秒くらい何が起こったか分からずに立ち尽くした。

まさか?! と思って隣のロッカーを開けたら荷物入ってたよ\(^o^)/

カラのロッカーにお金入れて鍵閉めてたんやね😅

よく荷物残ってたよなぁ。安全な社会に感謝感謝やね😊


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

たくらみ屋主催共催イベント
TOCセミナー一覧
家族MG一覧

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準