,

どのくらい先を行くのか

m2tv

iPhoneに簡単ダビングしたテレビ番組、これで移動中も好きな番組が観れます。

2007年1月、最初のiPhoneが発売された時、私は

・すぐにスマートフォンの時代が来る
・コンテンツを持ち歩く時代が来る

と感じて、アメリカまでまじめにiPhoneを買いに行くつもりでした。

いろいろ調べるとどうやっても日本では電話機能が実用的ではないことがわかり、日本発売まで購入を待つことになりました。。。

2008年7月、日本での初めてのiPhone発売日は帯広に出張でしたので、空港に着くやいなやタクシーに飛び乗り、7番の番号札をゲット。

表参道のソフトバンクショップの大混雑の様子をショップのテレビで同じく順番待ちのおじさんと見ながら、「都会は大変やなあ」と笑い合っていたのを覚えています。

当時、勉強会でも「すぐにスマートフォンが来る」と言い、Youtubeを見ながら「ユーザーコンテンツをテレビで見るようになる」と言っていましたが、2011年の今になってようやくそれが現実的・一般的になってきたと感じます。

まずApple TVの購入。Youtubeの面白い動画をお気に入りに入れておけば、寝室のテレビで夫婦で楽しむことができます。多くはペットや笑える動画ですね。

あと、AirPlayでiPhoneから出張時に撮影した画像や動画をテレビに映して、全国各地で見てきたこと、体験してきたことを共有することができます。

また、大掃除の時に書斎の環境整備をしていると、MacのUSB地デジチューナー「m2tv」がiPhoneへのダビングを実現していることを知りました。

普段録画してはいるけどもなかなか自宅でゆっくり見れない「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」などのビジネス番組を録画予約して、これからは手軽に移動中に見る予定です。

あ、知り合いがテレビに出ると聞いたらTeamviewerの遠隔操作で録画予約も可能にしました。

4年かかってようやく2007年の勉強会で言っていたことが実現されてきたわけですが、この状況に私は複雑な心境でした。

勉強会やセミナーで効果が出やすいのは「半歩先」を伝えること。4年も先のことを予測したとしても、それを伝えることは果たしてセミナーとして良かったのだろうか。

しかし、最近はこう考えるようになりました。

少人数に実践講座なら参加者のスキルに合わせて半歩先を行くことが大事であるが、

多人数のステージがバラバラなセミナーで私が話す場合は、やはり細々とした戦術ではなく、それらをやるかやらないかを決定できる「大方針」を見い出すための先々の予測や情報をお知らせする、と決めました。

昨年は経営学の勉強で多少ネットに遅れた部分がありますがこれからネットを見まくって、ショップの現場に行きまくって特急で先に進んで行きますので、よろしくお願いします(^-^)


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

9/5 「誰でもアイデアが必要な時に出せる」アイデア理論 1dayセミナー
9/14-15 第2回気仙沼MG 就活学生応援の無料参加枠4名あり
9/21 脱人材不足 自発的な人財を集める採用術セミナー
10/14-15大阪 TOC実務者コース
10/21-22 第2回宇都宮MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
10/25.26 ヤマガタWeb特別事業 MG
11/11-12熊本 TOC実務者コース(免許交付可能セミナー)
11/18-19 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
11/21-22 第4回松本MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
12/16-17東京 TOC実務者コース

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準