利益を先に置く:経営教育ゲーム(MG)の学び

Exif_JPEG_PICTURE
ゲーム版を前に、いよいよ緊張のスタート!

「MG&マトリックス会計」の研修を先週末神戸で一泊二日で行いました。MGとは、西順一郎先生がソニーCDIで開発した経営教育のゲームです。

MGのページはこちら
http://www.nishiken.jp/mg.htm

■私の最大の学びは、改めて「利益を先に置く」でした。

もちろんゲームでもたくさんの気づきがありましたがゲームや決算の方法、いわゆる「スキル」は、何回かやっていけばうまくなるでしょう。

個人的には2日目午前の西順一郎先生の講義での「利益を先に置く」ということが一番の学びでした。

経営は(利益からの)逆算である、ということがゲームのシートにしっかり書いてあり、実際にゲームでも引き算引き算していく場面がとても多い。

これまで自分でも意識していたし、やずやさんは「震える手で期末利益を1000万円と書いた」ことから大躍進が始まったことも知っていましたが、

それを参加者の皆さんが自動的に実践できるようになっているのが素晴らしいところです。

どんなにゲームのやり方がうまくなってもそれだけでは学べない。

この「利益を置く = 目的地」は最初に決めることが全てを意味あるものにするということを改めて実感いたしました。

Exif_JPEG_PICTURE
西順一郎先生に、2日間みっちり指導していただけます。

■では、利益とは何か。

ゲームの中ではもちろん「数字」です。その数字は「信頼」と「人のつながり」を前提としています。

それらがあってこそ、そもそも仕入れができるし、人も雇えるし、工場も建てられるし、お金を借りられる。

私はこれらの3つを全て利益と捉え、

1.信頼
2.人のつながり
3.数字

という順番をつけています。3を先に追うと1と2はない。

私は、1と2の部分でシミュレーションゲームを作れそうな気がしています。

既に3のシミュレーションで第一人者となっておられる西先生と連携することでMGを三次元にできれば素晴らしいなと思いました。

「信頼」「人のつながり」も利益を先に置こう。今回の神戸MGでは大きなG(利益)を得ることができました。

Exif_JPEG_PICTURE
今回のお世話役、たのもうやの東海林さん。ありがとうございました!


[たくらみ屋 主催共催 セミナー・イベント]

11/18-19 いちのせきMG 就活学生応援の無料参加枠5名あり
11/21-22 第4回松本MG 学生応援のペア無料参加枠5名あり
12/2-3 第5回水都大阪MG 学校法人・塾関係者の方ペア参加1名無料
12/12-13 大分MG 学生応援のペア無料参加枠3名
12/16-17東京 TOC実務者コース
12/28-29 水都大阪忘年MG 家族参加は1名無料!
1/4 第2回子ども商店プロジェクト! in 小倉
1/5-6 小倉新年家族MG 家族参加は1名無料!
2/20水都大阪TOC 1dayセミナー

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準