シンプル,

理解は後、まずシンプルに成果。

zaiko

社内で在庫を見ている人って、案外いない。

ネットショップでも昨今の時流において、最も大切な「資金繰り」に直結する「在庫」が経営者の意識に上る機会が多くなっています。

売れる商品がたくさんあり、売れない商品はないのが理想。しかし現実には売れない商品の在庫ばかりある!

こんなネットショップの悩みを解決しようと、最近では製造業に学ぶことが多くなっています。そこで、ザ・ゴールで有名なTOC(制約理論)を勉強することにしました。

私自身もTOCの講座を昨年受講しに行き、これは今のネットショップに必要!と感じた私はその場で講師のソフトパワー研究所の清水信博氏に神戸での講座開催を交渉・依頼、1/15~16で実現する運びになりました。

その清水氏から本日「資料とTOCゲーム実習のルールを現実経営にもっとすぐ使えるようにバージョンアップした」とのご連絡を頂きました。

進化するTOCの即効性は目を見張るものがあり、「最短では1週間で利益体質になり、実際利益が出た」ということも。「理解は後で良い、まず成果。」ともおっしゃいます

清水氏は以前より、

「環境整備をすれば、実は少ない情報で経営判断ができる」

とおっしゃっています。これを聞いて私は昨年の阪本啓一さん言葉を思い出しました。

「人はどこまで賢くならないといけないのか」

JALとか銀行とか大企業が倒産したのは、経営者が「頭悪かった」からか?いやいや、とても頭の良い人達だったはず。

しかし、考え抜いた後にシンプルな方針に到達できなかったのが悲劇だったのかも知れない。

意識的にやっていることは、まだ血肉となっていない。無意識にできることこそ実力。シンプルになるために、今日も学び、精進。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

4/21-22 第1回帯広MG
5/5-6 TOC実務者コース (社内インストラクターコース)

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準