成長しつづけるものなんて、自然にはないよね。:リカルド・セムラー来日セッションレポート2

リカルド・セムラー氏来日セッション

前の記事はこちら:リカルド・セムラー来日セッションレポート:「奇跡の経営」に向けて、今私ができること

リカルド・セムラー氏にお会いした印象はやはり強烈だったようで、1週間たった今日も他のレポートブログを拝読したり、お会いする方と語り合ったりしています。

先日は主に経営のことを記事に書きました。その後ろ側で、私はずっとセムラー氏がこのような経営をするモチベーションに興味がありました。

モチベーションにはマイナスとプラスがあると言います。

苦しいところから逃げ出したいというマイナスのモチベーション。借金から抜け出したいとか、痛みから逃げたいとか。

何かに役立ちたい、貢献したいというプラスのモチベーション。仕事で役立つとか、ボランティアをするとか。

そしてマイナスのモチベーションの方がはるかに強烈と言います。

でも、セムラー氏を見ていると、そのどちらでもないように見えました。

ただただ、自然の流れに抵抗のない形でやっていく。

禅僧のような、そんな雰囲気にも見えました。

「成長しつづけるものなんて、自然にはないよね。成長し続けるのはガン細胞ぐらいだ。それさえも、最後に人がなくなることで消えていく。」

そうならば、企業は成長し続けなければならないって考えはどこから来たんだろう?と思ってしまいます。

自然はそれだけでうまく行っている。矛盾はない。
これはTOCのゴールドラット博士も言っていたこと。

天地の大道を信ずる。
これは合氣道の藤平光一氏が言っていたこと。

全てはうまくいっている。これでいいのだ。
これは毎年お会いする坐禅断食の野口法蔵先生が仰ること。

セムラー氏も、その人たちととてもよく重なります。

しなければならないことをやるとか、好きなことをやるとか、そんなことも超越している感じがします。

そもそもうまくいっている自然の流れに身を「完全に」任せる。そんなことをセムラー氏は伝えていました。

改めて大きな道を示していただいたことに感謝いたします。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

12/12-13 大分MG
12/16-17東京 TOC実務者コース
12/28-29 水都大阪忘年MG
1/4 第2回子ども商店プロジェクト! in 小倉
1/5-6 小倉新年家族MG

1/13-14大阪 自律的集団への登竜門 指示ゼロ経営的TOC実務者コース
1/23-24 ヤマガタWeb研究会 特別事業 TOC研修
1/20-21 チーム創りに効く水都大阪MG
2/20水都大阪TOC 1dayセミナー
3/10-11 第5回松本MG
3/24-25 いちのせきMG

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準