シンプル, ,

雑な図解で「私でもできる!」

雑な図解

何故、図解講座はいつも満席なのか?

長野で図解改善士の多部田憲彦さんにお会いしてから、毎日図解を描いています。想像以上に伝えられる図解は本当に楽しい! これを使えば長年セミナーでお伝えしていたことがもっと簡単に早く伝わるという確信を得ました。

現在、図解改善士は多部田さんお一人。もっと図解を広める人を養成したいと考えておられます。私も図解を広めるスキルと考え方を身につけたい。そこでお忙しい中1日お時間を取って頂き、図解を広めるための養成講座を行っていただきました。

いろんな心構えやノウハウはありますが、とにかくそこにいた4名全員が大きく頷いて話題が広がったのは

「雑な手描き図解を出す!」

これです。私でもできる、敷居が低い、やってみよう!と思ってもらうことが何よりも大事なのです。

私はECの仕事をしていますが、ネット販売が最初に広がった時のことを思い出しました。

1996年の黎明期に京都のTシャツ屋さんが、失礼ながら全く綺麗ではないページで、関西弁でどでかい文字で「買うてや!」と書いたページにみんな驚きました。大企業がお金をかけた綺麗なページで1つも売れてないのに、この「雑な」ページは毎月数百万円売れている。。。そのお店は一人のご商売ながら、今でもバリバリECの先頭に立って販売されています。

これで売れるなら私でもできる!と多くの人がチャレンジを始めました。間違いなくあれはECの夜明けでした。

「ベータ版で行こう!」

当時のネット仲間は、デジタルっぽくこんなふうに言ってました。アナログな手描き図解が再度注目されるように今も、その精神は変わらない。

図解でご縁を広げるには、今日も雑な図解を書きまくろう!

自分に伝える

図解は、相手に伝える前に自分に伝わります(^-^)


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

4/21-22 第1回帯広MG
5/5-6 TOC実務者コース (社内インストラクターコース)

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準