, ,

取り払われた「塀」

松本ブルワリーと米ちゃん

「塀のない少年院で夢新聞ワークショップをやったんだよ。これが本当に凄くてさ。」

「みんな魂の新聞を書くんだよ。あまりにいいから、刑務官がこれを親に見せたいって言うんだよ。」

「3月にまたやる予定だから、行かないか?」

昨日松本で、悪ガキ達に誘われて、こう答えた。

「是非行きたい。しかし、単なる興味本位で(俺が)行ってはダメだと思う。」

そこで気がついた。

ーーーーー

子どものころ、いろんな集団ができてたでしょ? 優等生の集まりとか、体育会系の集団とか、音楽系のバンドとか、「非行」って言われる集団とか。

私は当たり障りのない優等生的な集団にいたわけだ。大人たちからは、悪い奴らとは接するなと言われていたように思う。

でも、本当はあのリーゼントや学ランの連中と話したいと思っていた。いつも悪さをして、罰として先生に坊主頭にされている奴らと話したいと思っていた。

その時は、残念ながらできなかった。

そして今。目の前にいる悪ガキが大人になったような友人たち。

「こんな悪さをしたよ!」って屈託なく言ってる奴らは、どう見ても子どものころは話そうにも話せなかったヤツばかりだ。

40年近く経って、そのころ話せなかった悪ガキ達と話すことができているわけだ。

それは40年経って叶った夢のようだ。本当に楽しい。

みんな大人になった。大人になるってことは、いろんな人と話す力を付けているんではないかと思う。

そして少年院に行く話。「単なる興味本位で行ってはいけない。」

その自分の言葉から、今は少年院に入ってしまっている少年達に、ある意味のリスペクトを持っていることがわかった。

もちろん、犯罪とされることをやってしまったのはよくない。

しかし彼らは、今起こっていることに正面から向き合っている。そんな気がするのだ。

優等生的な集団は「その場をやり過ごす」ことを身に着けていたからだ。

ちょっとしたノウハウやテクニックではごまかされない。そんなものは少年院ではすぐに見透かされてしまうと言う。

こいつは本当に自分のことを考えて来ているのか? 本当に自分と対話するつもりで来ているのか?

そこに正面からYes!!と言えないと、彼らと相対する資格はないということだ。

でも、今は大丈夫。

友人たちのお陰で、素直に昔からのありのままの自分を伝えることができるようになったから。

40年話せなかった相手と話したいと思っていたありのままの自分を伝えることができれば、それ以上はできないわけだ。

分かってもらってももらえなくても後悔はない。だから自信を持って行ける。

そんなことを考えさせてくれる友人たちと人生を過ごせることに、どこまでも感謝したい。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

4/21-22 第1回帯広MG
5/5-6 TOC実務者コース (社内インストラクターコース)

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準
たくらみ,

「たくらむ」とは? そうきたか!を増やす

ショッカーゴミ箱

例えば、この「ショッカーゴミ箱のサイン」を見て下さい。

いいでしょ? ちゃんと捨てたくなるでしょ? たくらみ屋のデザインタクラミストの作品です😊

我々はよく長時間の研修を行っているので、用紙や、お弁当、おやつなどのゴミが結構出ます。

そこでの悩みは、なかなかきちんとゴミの種類を分別できないこと。

大阪はまだ分別がゆるいのですが、かなりきっちりと分ける地域でやる時は結構大変です。「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」の定義は、受講者が住んでいる場所によって違うし。分かっていても慌ててたらぱっと捨ててしまうし。

で、ついつい「ペットボトルはここに捨てないで!」とか注意書きが多くなるのですが、禁止語は気分も良くないし、あまり効き目もありません。

そこで、ショッカーの登場!

ゴミを捨てようとした人は、まさかの「行動の指令」を受けちゃいます。
なるほど、ちゃんと分別したいんだよね?ってのがよく伝わります。
ショッカーって俺の世代で懐かしいやん!なんて思っちゃいます。

マンガの脱力感が、指令に従うことが楽しいって気持ちを起こします。
「イ〜!」って言いながら捨てる人もいます😃

結果、ゴミはほぼきちんと分別できちゃいます。これがたくらみの成果です。

我々は、「たくらむ」という言葉をこのように定義します。

・相手を考え尽くす
・なるほど!
・まさか!

これら3つ掛け合わせ「そう来たか!」を生む。この過程が「たくらむ」です。

(参考文献:企画者は3度たくらむ 梅田 悟司、池永 忠裕 著 日本経済新聞出版社)

だから、たくらみ屋の理念は

「そう来たか!を増やす」

たくらんでいる時、人は本当に楽しく、自発的に創造的に仕事しています。

そんな人たちで世界中を埋め尽くしたい。これがたくらみ屋の野望なのです。

「株式会社たくらみ屋」で事務所の契約を申し込んだら、何回か断られちゃったんですよね。

まー、自分もオーナーさんの立場になってみればそうかも知れないですね。たくらみ屋って会社がうちのビルに入っていいの? セミナーもするって? そんな怪しいのって普通は断りますよね(^-^;

わー、えらい名前付けてもうたなーってちょっとは思ったけど、逆に「絶対にこの名前で通してやる」って燃えてきましたよ。

そしたらちょっと立ち寄った飲食店のマネージャーさんが「あのお店とかこのお店とかと協力してね、いろいろたくらんで行きたいんですよ。」って言うじゃないですか。

絶対、今「たくらむ」って言う人が増えていると思いましたよ。ここで定義した意味で言う人が。結構勇気づけられましたよ。

今までの固定観点や常識って言われるものを乗り越えて、ちょっと面白いことを起こしてやろうとか、見たことのないものを作ってしまおうという人が確実に増えています。

「たくらみ」って言葉を、もっといい意味に変えたい。確実にいいことが起こる「たくらみ」を、もっと普通に使われる言葉にしたい。

だから皆さんも是非ご一緒に!  合言葉は「たくらみ」です😃

関連記事:相手のことを知り尽くさないと「たくらみ」はできない
(by たくらみ屋 タクラミスト 米澤晋也)


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

4/21-22 第1回帯広MG
5/5-6 TOC実務者コース (社内インストラクターコース)

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準
たくらみ,

たくらみベース 構築中!

たくらみベース構築中

たくらみ屋の新事務所「たくらみベース」にようやく机が入りました!

MG研修が最大5卓できるスペース、ようやく実感できるようになりました😊

たくらみベース構築中3

あとは プロジェクタースクリーン専門店 シアターハウスさんでで買ったスクリーンを取り付けて、プロジェクターを天吊りにして、ネット回線を通して、カフェスペースを作って。

「学校では学べないことを学ぶ場」として、自社講座と共にパートナー講座もどんどん入れて、今年中にはいつもセミナー・イベントで賑わっている場所にしたいな😊

たくらみベース構築中2


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

4/21-22 第1回帯広MG
5/5-6 TOC実務者コース (社内インストラクターコース)

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準