たくらみ, デザイン,

たくらみ屋が寺田倉庫さんのスペースに

うわー、たくらみ屋がこんなに素晴らしい寺田倉庫さんのスペースに。 design NAPの藤戸さん、凄いよ。すっごく嬉しい! ありがとう!

たくらみ屋のロゴが、天王洲アイルの寺田倉庫さんで行われている「2017 ADP Design Tour in Tokyo(10/25-10/31)」に展示されています。

たくらみ屋の展示2

このロゴはプロから見てもかなりインパクトがあるという評価をいただき、ますます世界展開をたくらむ自信が付いてきました! 藤戸さんのコメントを引用させていただきます。

” 25日にフォーラムがありまして、様々なデザイナーさんが、たくらみ屋さんのロゴを見てインパクトを受けて下さっておりました。

「たくらみ=ネガティブなイメージ」を「ポジティブなイメージに変えたい」という想いと、たくらんでいる様を最も表すシチューエーションがたくらみ口である意図を説明したところ、みなさん、わかる!って言ってくださってました。

人相学を見てらっしゃるデザイナーさん曰く、口角が上がっている角度が良いとの意見や、文字だけではネガティブなイメージになるけど、マークがあるから必然的によいたくらみなのが伝わるよね。とか、同業種の方であるからこそ、的確なフィードバックをいただきました。 ”

とってもご評価いただいているたくらみのロゴ、コンセプト。見るだけでワクワクが湧き出るこのロゴを一人でも多くの人に見てもらようにたくらみます。

たくらみ屋の展示3

もうたくらみ屋の英語の解説が展示されているよ。秘密結社の世界展開は近い😊

Takuramiya is an educational and consulting company.
They call themselves secret society. We designed thier logo.

We imaged that when people are excited plotting something,
the emotion shows up thruough their mouth.
So, we decided to use the mouth motif.

design NAP designed this motif so simple that everybody can remember, and even draw it.

寺田倉庫


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

12/12-13 大分MG
12/16-17東京 TOC実務者コース
12/28-29 水都大阪忘年MG
1/4 第2回子ども商店プロジェクト! in 小倉
1/5-6 小倉新年家族MG

1/13-14大阪 自律的集団への登竜門 指示ゼロ経営的TOC実務者コース
1/23-24 ヤマガタWeb研究会 特別事業 TOC研修
1/20-21 チーム創りに効く水都大阪MG
2/20水都大阪TOC 1dayセミナー
3/10-11 第5回松本MG
3/24-25 いちのせきMG

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準
シンプル,

震災から、集中。そして笑顔の自律的組織へ ☆

私を突き動かすのは、この2011年4月28日に4人で制作したこの1枚の業務フロー図。

いわて花巻空港を降りてすぐホームセンターに行く。模造紙と付箋とマジックを鷲掴みにしてレジへ行く。

余震が続く中、30分で書き上げたこの図には、2つのボトルネックがはっきりと示されていました。

今、集中することが見えた。

3日間でお店を再起させるプロジェクトが1日半で終わり、すぐに注文が入り始めました。

 

。。。。それから6年。

「スタッフ全員に決算書を公開しました。なんだか、スタッフみんなの目の輝きが違います^^」

3名のスタッフさんと共に、その会社は自律的な指示ゼロ経営に向かっています。

「絶対に自分より会社なんかを優先させないでくれ。子供が心配だったら帰って一緒に居てあげればいい。会社の時間に遅れそうで慌てて事故を起こすくらいだったら、自分を優先して少し落ち着いて来る考えを持ってくれ。」

これは。。。「いい波が来ているのに、なんで仕事なんかしているんだ?!」って社風の、パタゴニアの社長の言葉かと思いました。

厳しい時を過ごしてきたからこそ、「まず自分」。

きっと社員さんが喜んで、もっと周囲に喜びを提供できる会社になっていく。

 

。。。そして今から立ち上がる人たちがいる。

熊本の震災から立ち上がった「スーパーウーマンプロジェクト」さんが、ガイアの夜明けに取り上げられました。

友人の宮田幸子さん、田上寛美さんと熊本の女性の皆さんが、熊本の商品「MUZOCA」の開発と営業に奮闘する様子が放映されていました。重い荷物を持って東京のお客さん回りをする映像に向かって、頑張れ!と応援していました。

奮闘中の熊本。数年後、岩手と同じことがここでも必ず起こる。

そう信じて、7月はまた熊本に行かせていただきます。

※ 7/8-9熊本 TOC実務者コース 既に18名満員とお知らせいただきました。感謝いたします。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

12/12-13 大分MG
12/16-17東京 TOC実務者コース
12/28-29 水都大阪忘年MG
1/4 第2回子ども商店プロジェクト! in 小倉
1/5-6 小倉新年家族MG

1/13-14大阪 自律的集団への登竜門 指示ゼロ経営的TOC実務者コース
1/23-24 ヤマガタWeb研究会 特別事業 TOC研修
1/20-21 チーム創りに効く水都大阪MG
2/20水都大阪TOC 1dayセミナー
3/10-11 第5回松本MG
3/24-25 いちのせきMG

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準
デザイン, , 創発, ,

「空白」は豊かな言葉

何もない事務所と、何もなかったインドの学校で考えたこと。

2017年4月3日、机はもちろんゴミ箱すらない新しい事務所。これから行動を共にする友人たちと自分達の未来を可視化していった。

BMR(Beings Management Resources)という、なりたい個人と集団の目標を融合させるプログラムを使う。数年後の未来の日付の新聞を全員で時間内に完成させる。そうして未来とビジョン、ワクワクと目標を全員で可視化する。

地べたに寝転がったり、ダンボールを机にしたり、壁に文字を書いたり。大人たちの普段見れない光景が、さらに創造力をかきたてる。

来週にはここにも机と椅子が入る。たまに全部使わずに円座でセミナーやるのもいいかと思ったが、やっぱり使おうと思っても使えない、何もない「空」は、特別な空間だった。

この場所で、2009年に行ったインドの学校のことを思い出していた。

訪れたブッダガヤの学校にも、机や椅子はなかった。当時の学校が一時圧力で閉鎖されて備品が全部撤去されてしまったからだった。

再開された学校で、生徒たちはコンクリートの床に座って授業を受けていた。

Exif_JPEG_PICTURE

何もなくても、いや、何もないから、学ぶ目は真剣そのものだった。学べること自体が貴重な時間だから。これまで望んでも受けられなかったから。

そして、貧しい子どもたちの笑顔は希望に満ちていた。

Exif_JPEG_PICTURE

日本は豊かだからできないってことはない。

実際に周囲で「学校ではできない勉強ができました!」「こんなに考えたのは何年ぶりです!」っていうことが起こってるもんな。

「学校ができない学びの場を創りたい」という思いが、ますます強くなっている。

その鍵の一つは、何もない「空白」を創ることかも知れない。

何もない空間。
何も置かれていない部屋。
何も書かれていない白紙。

何もやることが決まっていない時間。
何も話さない時間。
何もせずにじっとしている時間。

何か大きなものをなくした時。
何も経験が通じない場に来た時。

何もないことに、慣れていなかったかも知れない。
何もないことに、まず不安が来るかも知れない。

しかし何もないことを受け入れると、
人はそれまでの知識と経験を総動員して考える、やってみる。

そこに創造力が働く。

そして失敗すると心からがっかりする。何か少しでもうまく行った時に心から喜ぶ。

デザインは余白をいかに使うかだと言う。そこには創造力がある。未来を生み出す宇宙のような空間を創るっていうことだと思う。

未来の新聞は、もちろん!みんなが笑顔の未来が書けた。さらに私の誕生日祝いがたくらまれていた\(^o^)/

空白があるから、ここまでたくらめる。本当に感謝、ありがとう。

空白って、これから最も豊かな言葉になるかも知れないね。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

12/12-13 大分MG
12/16-17東京 TOC実務者コース
12/28-29 水都大阪忘年MG
1/4 第2回子ども商店プロジェクト! in 小倉
1/5-6 小倉新年家族MG

1/13-14大阪 自律的集団への登竜門 指示ゼロ経営的TOC実務者コース
1/23-24 ヤマガタWeb研究会 特別事業 TOC研修
1/20-21 チーム創りに効く水都大阪MG
2/20水都大阪TOC 1dayセミナー
3/10-11 第5回松本MG
3/24-25 いちのせきMG

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準