たくらみ, ,

子ども商店プロジェクトをやる理由

柳沢 昭アニキの息子、小学5年の匠飛(たくと) くんが米澤 晋也に説教してる。

「なんで俺に向かって来ないんだー! 何を遠慮してるんだー! 俺、つまんなくなっちゃったよ。」

松本MG、経営シミュレーションゲームでの話だけどね😊

子どもに言われるとすっごい効くんだよね。肩書きとか関係ないもんね。大人がこんなに怒られることってとっても貴重。

これが子ども商店プロジェクトをやる理由。

マツモトスマートウィート

懇親会終えた後の1人クラフトビール。向こうの3人グループが仕事の話をしている。

「売上が上がっても利益が上がってないとどうしようもないんですよねー。」
「利益率の高い商品が売れてくれた方がいいんですよね。」

「そのためにお勉強会をするわけだ。」
「でも何売って良いかは分かんないよねー」

「そこはトップダウンで。」
「正直、何でその商品って言ったら社長の押しだからって。そういうことよね。」

言いたいことはいっぱいあるこんな会話。でも私が言うよりも、この人たちの大切な人が言う方が面白い世の中になるだろう。

それも、子ども商店プロジェクトをやる理由。

やっと松本のビールにありつけた😊


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

1/23-24 ヤマガタWeb研究会 特別事業 TOC研修
1/20-21 チーム創りに効く水都大阪MG
2/20水都大阪TOC 1dayセミナー
2/17-18 子ども歓迎 & ペア参加1名無料! 水都大阪MG
3/3-4 子ども歓迎 & 家族ペア参加1名無料! 東京家族MG
3/10-11 第5回松本MG
3/24-25 いちのせきMG
4/21-22 第1回帯広MG

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準

利益倍増計画からたどり着く創造的経営

松本MG

松本MGでは会計士の相馬裕晃さんに習った方法で利益感度分析を応用した「利益倍増計画」をお伝えしてみました。

とても皆さんの反応が良かった😊 相馬さん、ありがとう!

利益倍増計画

1,固定費(F)を何%下げればよいか?
2.お客様数(Q)を何%上げればよいか?
3.原価(V)を何%下げればよいか?
4.価格(P)を何%上げればよいか?

数字は 1>2>3>4 となる。つまり固定費を下げる比率は一番大きくて大変。逆に価格を上げる%は消費税以下で簡単に見える。

その数字を実現するために、リアルの事業での具体的な方法はどうする?と30秒くらい考えてもらう。

。。。ここが面白い。

考えたことをシェアしてもらうと、固定費を下げる案は

・役員報酬を減額する
・人員削減する

などというキツイ案しか出てこない。経費をちょっとばかり節約しても、とても実現できる数字ではないからです。

原価を下げる案も同様。要するに取引先を叩く、変更するってことが多くなるので、発表している人の顔も暗くなるばかり。

しかし、価格を上げる方はかなり現実的。

「そのままできそうです。」
「消費税値引きをやめればOKです。」
「この条件が整えばできそうです。」

っていう前向きな発表が多くなります。

数字ってモノサシがこんな形で役立つと嬉しいな、と思いつつ。。。

もう一歩深く考えてみます。

松本MG2

では価格アップには、実際にどんな条件が必要なのか?

本当に価格アップをしようとすると、MGでもリアルでも多くの場合「固定費アップ」が欠かせないように思う。特に人員と研究開発費。

実は、人件費と稼ぎは面白いまでに比例するという研究もある、最近はアメリカでは社員全員の給料を7万ドルにまで段階的に引き上げると、そのまま業績に現れたという企業もあります。

事例:CEOもヒラ社員も同額の7万ドル! 「最低年収」を激増させた企業の快進撃

多くの場合、人材と研究開発が充実してから価格アップが実現する。

そうであれば。。。この分析の結論は?

「利益倍増のためには、固定費を下げるのではなく、アップする」

という面白い結論にもなるかも知れませんね😊

 

では、30秒考えてみましょう。「固定費を上げるためには、具体的に何をしますか?」

 

私はここから、社員さん一人一人の顔が浮かんでくることが多いように思います。

「あの商品に開発費をかけると面白いことになりそうだな。開発者もやりがいがでてくるだろう。」
「あの新入社員には、この基礎研修を受けさせてやりたいな。」
「小さいお子さんのいる女性が働きやすい環境を創るにはどうしたらいいだろうか?」
「やっぱり、あれだけ頑張ってくれているみんなの給料をアップしたいよな。」

みんなが笑顔で働けるようになるには。。。。? こちらに気持ちが向いた会社には、どんなことが起こるだろうか。

人と人とが話を始め、知恵が発揮され、創造力が発揮され、いい商品といい会社につながっていくようなイメージがどんどん湧いてきます。

理論を考え尽くした後にたどり着くのは、人間的、創造的経営かも知れません。

→ 創造的経営を創る「魂のプライシングセミナー」は、6/9より開催。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

1/23-24 ヤマガタWeb研究会 特別事業 TOC研修
1/20-21 チーム創りに効く水都大阪MG
2/20水都大阪TOC 1dayセミナー
2/17-18 子ども歓迎 & ペア参加1名無料! 水都大阪MG
3/3-4 子ども歓迎 & 家族ペア参加1名無料! 東京家族MG
3/10-11 第5回松本MG
3/24-25 いちのせきMG
4/21-22 第1回帯広MG

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準
,

家族MGは次世代を創る

3月のMG研修に参加して頂いた学生さんのお母さんが、娘さんの感想文を見て「娘が二日間ですごい成長してます!」「彼女の言葉とは思えないくらいです!」と言ってくださいました😊

「大学を出たら起業しようと思っています。」 という男子大学生。「じゃあ26歳で起業したあの社長を紹介するから、その経験を聞かせてもらったらいいよ。」交流会ですぐに大学生と社長が語り合う。

「学校でできない勉強をしました!」みんな言っていただけるのが嬉しい。家族が盛り上がっているのが嬉しい。

仕事ってものは。。。起業ってものは。。。って年長者から説教を垂れる前に、まず次世代の本当の力を引き出しちゃおう。「うわ!こんなことできちゃうの?」「おぉ?そんな発想あり?!」まさに驚きの連続。

まずは本来備わっている才能を掘り出して、共に未来を語っていこう。

その場作りとして、年末に大熱狂だった「家族参加は1名無料」の大阪家族MG、ゴールデンウィークもやります。 連休の仕上げの土日に、是非家族のBig Dayを作ってくださいね。
http://www.kokuchpro.com/…/26e56626ecea7fd520192d78a74cd52e/

※ 2017年の大阪家族MG 夏休み、年末にも予定しています!
7/29(土)〜30(日)
12/28(木)〜12/29(金)

「学校ができない教育をたくらむ」株式会社たくらみ屋
主催共催イベント一覧はこちら
http://www.kokuchpro.com/…/6e896b1c472e5e29a3d042516fb9c816/


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

1/23-24 ヤマガタWeb研究会 特別事業 TOC研修
1/20-21 チーム創りに効く水都大阪MG
2/20水都大阪TOC 1dayセミナー
2/17-18 子ども歓迎 & ペア参加1名無料! 水都大阪MG
3/3-4 子ども歓迎 & 家族ペア参加1名無料! 東京家族MG
3/10-11 第5回松本MG
3/24-25 いちのせきMG
4/21-22 第1回帯広MG

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準