,

両面思考のステージへ

間宮塩蔵さんの鯖

「自分が勝つ」には「相手が負ける」必要がある、という話。

株式会社創、e製造業の会主催の村上肇さんは「戦わない経営」を理念としておられます。

私や阪本啓一さんも基本的に同じ思考をしています。ただ、よく誤解されるポイントでもあります。

「戦わない」と言うと、よくブルーオーシャンを探す、という話になるのですが、私は「戦わない」と「競争しない」というのとは違うと考えています。

ある程度の競争は、お客様に届けるサービスを磨くのに必要なこと。

「戦わない」に至るには、実は一旦「戦う」ことを考え尽くすことが必要です。

よく懇親会でお酒が入り、ヒートアップしてくるとどう売るか、どうSEOやPPCで上位に目立って露出するか、どう競合に勝つか、などという本音レベルの議論が楽しくなってきます。

これらはつまり「自分が勝つ」ための話です。創業期・高度成長期はこれで結構うまくいく。ノウハウを確立することをしっかりやればいいと思います。

しかしステージ2のネットショップは「自分が勝つ」ということの裏面を是非考えてもらいたいと思うのです。

「自分が勝つ」ためには、「相手が負ける」必要があります。

自分が勝とう勝とうと考えている間は競争が激化するのみ。その裏面の「相手が負ける」ことを考えてみると全く違った発想が出てきます。多くの場合、それは「環境を変える」の思考です。

例えば、自分の主力商品に競合他社がどんどん出てきて価格を下げてくる。販売数量が下がる。

その場合に自分も価格を下げて競いあう、というのは「自分が勝つ」思考。

しかし、「相手が負ける」ということを考えるとどうなるか。

・相手に値段を下げさせない要因を作る。
ex 相手の仕入原価を上げる方策を考える。
ex 相手の固定費を上げる方策を考える

・相手の売るものを無くす。
ex どんどん売らせて早々に売り切れさせた後に売る
ex 納品ラインを細くして納期を伸ばさせる

・相手を吸収合併してしまう。

・相手が市場から撤退するようにする。
ex この市場はうまみがないと社内で考えさせる
ex もっとよい商品や事業があることを認知させる

いいアイデア、悪いアイデア、理想的なアイデア、人道的でないアイデア(^-^;など含めていろんな発想が出てきます。

最後あたりのアイデア、相手が自社の良さを生かした他の商品や事業に力を入れるように仕向ける、というのは、一つの理想的な形でしょう。

その中で、Win-Win や JOY-JOYと思われる方策、つまり「相手も負けていないし、お客様に価値が増える」方策が取れれば、初めて「戦わない経営」となる。

両面思考の習慣をつけることで、ネットショップは次のステージに進んでいくと思いますし、ネット活用ができるこれから時代に市場環境を「作ろう」と思える人は規模に関係なく市場を引っ張る人になって行くと考えます。


[森本繁生が講師をする セミナー・イベント]

12/12-13 大分MG
12/16-17東京 TOC実務者コース
12/28-29 水都大阪忘年MG
1/4 第2回子ども商店プロジェクト! in 小倉
1/5-6 小倉新年家族MG

1/13-14大阪 自律的集団への登竜門 指示ゼロ経営的TOC実務者コース
1/23-24 ヤマガタWeb研究会 特別事業 TOC研修
1/20-21 チーム創りに効く水都大阪MG
2/20水都大阪TOC 1dayセミナー
3/10-11 第5回松本MG
3/24-25 いちのせきMG

たくらみ屋 主催共催イベント一覧はこちら

[森本繁生 プロフィール ご連絡 お仕事のご依頼はこちら]

標準